クアンド・クバンゴ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クアンド・クバンゴ州
—    —
クアンド・クバンゴ州
アンゴラ
州都 メノングエ
面積
 - 計 199,335km2 (76,963.7mi2)
人口 (2006)
 - 計 394,400人
ISO 3166コード AO-CCU
ウェブサイト www.kuandokubango.gov.ao

クアンド・クバンゴ州ポルトガル語:Cuando Cubango、Kuando Kubango)は、アンゴラの一つ、2番目に大きな州である。アンゴラの南東端に位置し、首都ルアンダから州都メノンゲまで約1000キロ、ナミビアザンビア国境を接している。名前は東側のクアンド川と西側のクバンゴ川に由来し、同国で“地の果ての土地”と呼ばれている。

アンゴラ内戦の中で、この州は南アフリカからの侵略により、最も激しい戦いをもたらした。今までマビンガメノンゲクイト・クアナバルを中心に地雷がまだ多く残っている。[1]

脚注[編集]

  1. ^ クアンド・クバンゴ州