ギラウト・リキエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ギラウト・リキエルまたはギロー・リキエ(Guiraut Riquier)は、13世紀プロヴァンス詩人音楽家。最後のトルバドゥールの一人といわれる。作品の執筆と保存に配慮したため名を残した。ナルボンヌ子爵の賢者アルマリックや賢王アルフォンソ10世に仕えた。ロデ伯アンリ2世にも仕えたと言われる。