キース・ケニフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キース・ケニフ(Keith Kenniff)はアメリカ合衆国のエレクトロニカ・ミュージシャン。"Mint Julep"、"SONO"、"Goldmund"、"Helios"など多数の変名を持つ。Helios名義での活動が最も有名である。

経歴[編集]

ペンシルベニア州ランカスター市生まれ。少年時代からギタードラムベースなどを演奏していた。彼はバンド活動にてロックジャズ古典音楽など幅広い音楽を演奏していた、そこでの活動から成功と挫折を味わい、同時に自身の音楽嗜好を把握することになる。その後キースはボストンの名門バークリー音楽院で打楽器を専攻するようになる。

音楽的特徴[編集]

代表的名義のHeliosではエレクトロニカ中心の音を中心に作られているが、時折出てくるピアノやギターを用いたドローンサウンド、などアンビエント寄りなのが特徴である。Goldmundでは現代音楽的なシンプルなピアノの旋律を、SONOではキースがドラムで双子の兄弟がベースを担当。シンプルなポストロック的なジャズを奏でている。Mint Julepはキースとキース夫人のHollieが組んだユニットである。キースがボーカルを担当するなど他のプロジェクトと比べてシューゲイザー色が強く出来上がっている。

外部リンク[編集]

Helios