キャンサー・バッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャンサー・バッツ
Cancer Bats
Cancer Bats live 09.jpg
USA・ニューヨーク公演 (2009年3月)
基本情報
出身地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州 トロント
ジャンル ポスト・ハードコア
ハードコア・パンク
ヘヴィメタル
メタルコア
活動期間 2004年 - 現在
レーベル Distort
メタル・ブレイド・レコーズ
公式サイト Cancer Bats 公式サイト
メンバー リアム・コーミアー(Vo)
スコット・ミドルトン(G)
ジェイ・R・シュワルツァー(B)
マイク・ピータース(Ds)
旧メンバー 以下を参照

キャンサー・バッツ(Cancer Bats)は、カナダ出身のハードコアバンド

略歴[編集]

2004年、リアム・コーミアー(Vo)とスコット・ミドルトン(G)を中心に、トロントにて結成。

2005年、自主制作のEP「Cancer Bats」を発表、北米ツアーを開始。NORA、ALEXISONFIRE、IT DIES TODAY、THE BLEDなどのサポートを務める。

2006年、デビュー・アルバム『Birthing the Giant』をリリース。その年のカナダのインディ・アワードで「フェイバリット・ハードコア・バンド賞」を受賞。

2007年はデビュー・アルバムを携えてNOFXやSILVERS TEINと共にカナダ全土をツアー。それとともに、北米や英国、そしてオーストラリアでもリリースされる。

2008年、2ndアルバム『Hail Destroyer』をリリース。英メタルKERRANGの『KERRANG AWARD 2008 BEST ALBUM』、またカナダ版のグラミー賞であるジュノ・アワードにて最優秀新人賞にノミネートされる。

2009年サマーソニック09にて初来日公演。

2010年、3rdアルバム『Bears, Mayors, Scraps & Bones』をリリース[1]。同年9月、「Bullet For My Valentine」のサポートアクトとして来日公演。

2012年、4thアルバム『Dead Set on Living』をリリース[2]

2015年、5thアルバム『Searching for Zero』をリリース[3]。初の単独来日公演[4]

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

  • リアム・コーミアー Liam Cormier - ボーカル (2004- )
  • スコット・ミドルトン Scott Middleton - ギター (2004- )
  • ジェイ・R・シュワルツァー Jaye R. Schwarzer - ベース (2007- )
  • マイク・ピータース Mike Peters - ドラムス (2005- )
        
リアム・コーミアー(Vo) 2015年
スコット・ミドルトン(G) 2015年
ジェイ・R・シュワルツァー(B) 2015年

旧メンバー[編集]

  • ジョエル・バース Joel Bath - ドラム (2004-2005)
  • アンドリュー・マクラッケン Andrew McCracken - ベース (2004-2006)
  • ジェイソン・ベイリーズ Jason Bailey - ベース (2006-2007)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム
  • Birthing the Giant (2006)
  • Hail Destroyer (2008)
  • Bears, Mayors, Scraps & Bones (2010)
  • Dead Set on Living (2012)
  • Searching for Zero (2015)
EP/シングル
  • Cancer Bats (2005・EP)
  • This Is Hell / Cancer Bats (2007・シングル)
  • Cancer Bats / Rolo Tomassi (2009・シングル)
  • Tour (2009・EP)
  • Sabotage (2010・EP)

脚注[編集]

外部リンク[編集]