キタシバスペイン事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

キタシバスペイン事件(キタシバスペインじけん)は、日本中央競馬における競馬法違反事件である。

事件の概要[編集]

1992年1月25日京都競馬場第8レースに出走したキタシバスペインは1着となった。しかしレース後のドーピング検査において、同馬の尿から禁止薬物であるカフェインが検出された。

警察による捜査の結果、同馬の関係者が飼料にカフェインを含有する栄養ドリンクを混入させたことが発覚し、馬主、管理調教師、および厩務員が競馬法違反容疑で逮捕された。馬主が調教師に栄養ドリンクの飲用を依頼したとも報道された。

なお事件の影響により、キタシバスペインは地方競馬金沢競馬)への転籍を余儀なくされた。