キゴマ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キゴマ州の位置

キゴマ州Mkoa wa Kigoma)は、タンザニアの北西部のである。北部にカゲラ州、東部にシニャンガ州タボーラ州、南部にルクワ州、北西部に隣国ブルンジと接している。西部にタンガニーカ湖を臨み、漁業が盛ん。面積45,066km²、人口1,679,109人(2002年)、州都はタンガニーカ湖畔のキゴマで、最大の都市ダルエスサラームから国内を横断するタンザニア中央鉄道英語版の終点となっている。

ブルンジ・ルワンダコンゴ民主共和国からの難民が多い。

人口密度自体は希薄であるが、人口増加率はダルエスサラームに匹敵する。

産業[編集]

北部ではコーヒーの生産が行われるなど、農業が盛ん。タンガニーカ湖でとられる淡水イワシのダガーは、ビクトリア湖産のダガー Rastrineobola argentea (コイ科)より味がよいと好まれ、タンザニア各地に出荷されている。またウビンザ産の岩塩は品質が高いことで知られる。

野生チンパンジーが観察できることで有名なゴンベ渓流国立公園マハレ山塊国立公園があり、観光も盛んになってきている。