キアオジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キアオジ
キアオジ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ホオジロ科 Emberizidae
: ホオジロ属 Emberiza
: キアオジ E. citrinella
学名
Emberiza citrinella Linnaeus, 1758
和名
キアオジ
英名
Yellowhammer
Emberiza citrinella

キアオジ (黄青鵐、学名Emberiza citrinella)は、スズメ目ホオジロ科に分類される鳥類の一種である。

和名の由来は、似ているアオジの体色が黄色がかっている種の意。

分布[編集]

旧北区。ヨーロッパからロシア、中央アジア、モンゴルに分布し、北方に生息する個体は冬期には南に渡る。ニュージーランドに生息する個体は、人為的に移入されたものである。

日本では迷鳥。以前は1935年長野県で観察された記録しかなかったが、その後調査が進むにつれて、主に日本海側の島嶼部で数年に一度程度記録されるようになった。春秋の渡りの時期の記録がほとんどだが、広島県大分県での越冬記録もある。

形態[編集]

全長約17cm。雄は頭部が黄色で頭側線と後頭部、通眼線と頬を囲む線は黒い。体の下面は黄色で胸から脇にかけては褐色がかっている。背中は淡褐色で黒褐色の縦斑があり、腰は栗色である。雌は雄と比べて黄色味が淡い。

生態[編集]

平地から山地の低木林や草原に生息する。

地鳴きは「プチッ プチッ」。さえずりは「チチ、チチ、チチ、ジュイー」。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]