ガブリエル・ペリ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガブリエル・ペリ駅
Gabriel Peri - Octobre 2012 - Quais.jpg
ガブリエル・ペリ駅のホーム
Gabriel Péri
所在地 フランスの旗 フランス
イル=ド=フランス地域圏
オー=ド=セーヌ県
アニエール=シュル=セーヌジュヌヴィリエ (北緯48度55分00秒 東経2度17分40秒 / 北緯48.91667度 東経2.29444度 / 48.91667; 2.29444)
所属事業者 パリ交通公団 (RATP)
駅構造 地下駅
開業年月日 1980年5月3日
乗入路線 1 路線
所属路線 メトロ13号線
テンプレートを表示

ガブリエル・ペリ駅 (ガブリエル・ペリえき、Gabriel Péri) は、フランスパリ北西のアニエール=シュル=セーヌジュヌヴィリエの境にあるメトロ13号線 (地下鉄) の

概要[編集]

ガブリエル・ペリ駅は、パリ地下鉄メトロ13号線の駅。パリ北西のアニエール=シュル=セーヌジュヌヴィリエの境にあり、両自治体の境界線であるガブリエル・ペリ大通り (Avenue Gabriel Péri)がバ通り (Rue des Bas)から分岐する場所に位置している。

1980年5月3日、13号線のガブリエル・ペリ=アニエール=ジュヌヴィリエ駅 (Gabriel Péri — Asnières — Gennevilliers)として開業した。2008年6月14日、同線が北方のアニエール=ジュヌヴィリエ=レ・クルティーユ駅まで延伸したのに伴い、ガブリエル・ペリ駅に改名した。駅名は、第二次世界大戦中に対独レジスタンス運動に参加して処刑された共産党ガブリエル・ペリに因んで名付けられた。ペリは処刑前に、次のような手紙を残していた。

フランスが解放され、ファシズムの敗北が決定的となるだろう時、もしも友人たちがわたしの記念に何か敬意をあらわそうとして、わたしの銅像を建ててくれるとしても、わたしはそれを望まない。第三共和国の偉人たちを記念するあの銅像たちは、みんなちょっとばかし滑稽だからです。むしろわたしは、若者たちで賑わう街区の地下鉄の駅名に、わたしの名前をつけてもらいたいものです。春の日に、あのすばらしいパリの春の日に、行きずりの一組の恋人たちが別れを惜しみながら、若い娘の方に身をかがめて、〈じゃ今夜、ガブリエル・ペリ駅で〉と、そっとささやくのを聞くために…(大島博光訳)[1]

歴史[編集]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

Metro-M.svg パリメトロ
13号線
レザニェット駅Les Agnettes) - ガブリエル・ペリ駅 - メリー・ド・クリシーMairie de Clichy

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ガブリエル・ペリ最後の手紙” (日本語). oshimahakkou.blog44.fc2.com. 大島博光記念館公式ウェブサイト. 2020年3月12日閲覧。

外部リンク[編集]