大島博光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大島 博光(おおしま ひろみつ、1910年11月18日 - 2006年1月9日)は、日本の詩人翻訳家である。

生涯[編集]

長野県更級郡西寺尾村(現長野市)出身。1934年早稲田大学文学部仏文科卒業[1]西條八十に師事し、詩誌『蝋人形』[2]の編集にたずさわる[3]

戦後、新しい詩の活動に参加し、フランスのレジスタンス運動の中で生まれた詩を多く紹介する。ルイ・アラゴンパブロ・ネルーダの詩を翻訳し、紹介した。1962年詩人会議グループの創立に参画し、壺井繁治たちとともに民主主義文学運動の詩の分野で活躍した。1965年日本民主主義文学同盟の結成にも参加し、一時期は幹事もつとめた。

1970年代から80年代にかけては、『ランボオ』『パリ・コミューンの詩人たち』『エリュアール』『ピカソ』『アラゴン』(いずれも新日本新書のシリーズで刊行された)など、フランスの文化に関しての入門書を多く執筆した。また、1985年には多喜二・百合子賞を受賞した。2006年1月9日、午前10時10分、肺炎のため都内の病院で死去。享年95。

詩集[編集]

  • 大島博光全詩集 青磁社、1986年
  • 老いたるオルフェの歌 大島博光詩集 宝文館出版、1995年

記念館[編集]

2008年、長野市松代に大島博光記念館が開館。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『早稲田大学校友会会員名簿 〔昭和10年用〕』早稲田大学校友会、1934年、p.142
  2. ^ 全国書誌番号:00095362
  3. ^ 花田清輝は同誌への寄稿文中に、ナチスに抵抗するソ連を肯定的に叙述した部分があったことで、のちに「その雑誌の編集者であった大島博光が、検閲を気にして、「大丈夫だとはおもうけれども」といささか閉口していたのをおもいだす。」と記している。(花田清輝 1966)

外部リンク[編集]