ガイウス・トレボニウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ガイウス・トレボニウスラテン語: Gaius Trebonius, ? - 紀元前43年)は、共和政ローマの軍人、政治家。ガリア戦争ローマ内戦ガイウス・ユリウス・カエサルの配下であったものの、カエサルの暗殺に参加した。

生涯[編集]

エクィテスに属する家系で、父祖にわたってローマの高官経験者のいないノウス・ホモであった。紀元前60年クァエストル(財務官)、紀元前55年にはプレブス出身者として護民官にそれぞれ任命され、護民官時代は「グナエウス・ポンペイウス及びマルクス・リキニウス・クラッススに5年期限の属州総督としてローマ軍団を率いる権限を付与する」という法(トレボニア法)を可決させた。紀元前54年よりガリア総督カエサルのレガトゥスとしてガリアへ赴き、紀元前54年にはブリタンニア遠征アレシアの戦い等で活躍した。

紀元前49年からのローマ内戦では、マッシリア(現:マルセイユ)の攻略をデキムス・ユニウス・ブルトゥス・アルビヌスと共に担当(マッシリア包囲戦)。紀元前48年プラエトルに選出。紀元前47年から小ポンペイウスなどのヒスパニアに残る元老院派の討伐に向かったものの、不首尾に終わった。

紀元前45年サブコンスルへ選出。紀元前44年3月15日に起こったカエサル暗殺事件の際は、ポンペイウス劇場の外にマルクス・アントニウスを引き付けておく役割を果たした。

紀元前43年からアシア属州総督となったものの、プブリウス・コルネリウス・ドラベッラによって殺害された。