カール・ウィトゲンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カール・ウィトゲンシュタイン (Karl Wittgenstein, 1847年4月8日 - 1913年1月20日) は、オーストリア実業家。哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインおよびピアニストパウル・ウィトゲンシュタインの父。製鉄事業で大きな成功を収めオーストリア近代産業の父とも称される。莫大な富をもとに多くの著名な芸術家に援助を行い、パトロンとしてグスタフ・クリムトなどと親交を持ったことでも知られる。

家族の来歴[編集]

カール・ウィトゲンシュタインの曾祖父モーゼス・マイヤー・ウィトゲンシュタインは現在のドイツノルトライン=ヴェストファーレン州ジーゲン=ヴィトゲンシュタイン出身のアシュケナジム・ユダヤ人である。土地の管理人の仕事に就いていた彼は1802年にコルバッハへと移り織物類の店を始めた。

1808年当時最盛期を迎えていたナポレオン戦争の余波によって、ヴェストファーレンに住む全てのユダヤ人に対して3ヶ月以内に名字を名乗るようにとの命令が下された。マイヤーは彼の故郷の名をとり、モーゼス・マイヤー=ウィトゲンシュタインと名乗るようになる。

マイヤー=ウィトゲンシュタインはコルバッハにおいて経済的に成功を収めたが、晩年になると事業は衰退するようになった。息子のヘルマン・クリティアン・ウィトゲンシュタイン1802年 - 1878年)は1830年代の後半に商売の中心をライプツィヒ市郊外の町ゴーリスへと移した。プロテスタントへと改宗したヘルマン・クリスティアン(またはハインリヒ・クリスティアン)は1839年にファニー・フィグドルと結婚し、その間にカールらを儲けた。彼女はウィーンにおける裕福な商家の生まれであり、ヨハネス・ブラームスヨーゼフ・ヨアヒムの親類でもあった。

生涯[編集]

彼はこの夫婦の息子として1847年にゴーリスで生まれた。彼は7人兄妹の6人目の息子であった。誕生の3年後に家族はオーストリアのメドリンク区ヴェッセンドルフへ、さらに1860年にはウィーンへと移住し、父は家具や生糸の売買を生業とした。

幼少期のカールは落ち着きが無い子供であり、通っていた高校を放校させられてしまった。父は家庭教師をつけて学位をとらせようとしたが、1865年カールは家族に無断で家を離れアメリカ合衆国へと渡った。彼の持ち物はヴァイオリンの他はわずかな金銭のみであった。ニューヨークに到着した彼は酒場でミュージシャンやウェイターをして生計をたてながら生活した。アブラハム・リンカーン大統領の暗殺によって娯楽が一時的に自粛されるようになると、彼はワシントンD.C.へと向かいそこで運河船の乗組員やバーの経営をして働いた。翌年にニューヨークへと戻り、姉妹の仲介によって父とも和解した彼は1867年にオーストリアへと帰国した。

彼は典型的な立志伝中の人であり、優れた才能と確固たる自信を抱いていた。ウィーンの技術学校において製図技師、エンジニアとしての知識を得ると、1872年に現在のチェコテプリツェに存在したパウル・クーペルヴィーザーの鉄工所で働き始め、これを手始めとして数年後には会社の共同経営者にまで出世した。カールは1873年にレオポルディーネ・カルムスと結婚し、家族はベーメンさらにウィーンのメイドリンクへと移った。カールとクーペルヴィーザーはカールの家族から融資された資金を元手として製鉄業の拡大に乗り出した。当時急ピッチで進んでいた鉄道建設による需要によって事業は成功を収め、さらに1877年に露土戦争が勃発するとクルップ社との競争に打ち勝ちロシア政府による巨額の発注を獲得した。さらにイギリスのエンジニアシドニー・ギルクリスト・トーマスにより開発された塩基性製鋼法をいち早く取り入れることで燐の含有率が高い鉄鉱石の利用を可能とした。

彼の事業戦略は産業革命期における典型的な実業家のものであり、新技術の積極的な採用と、製鉄業から炭坑、鉄製品、炉の建設に必要なセメントにもおよぶ事業の多角化をはかった。このような垂直統合モデルとカルテルの形成によりオーストリア帝国におけるウィトゲンシュタインの経済力は圧倒的な物になった。市場の独占を嫌った他の実業家は政府に圧力をかけてカルテルの廃止や関税引き下げによる他国の鉄鋼の輸入を認めるように求めた。周囲との対立によってウィトゲンシュタインは職を辞し、その後は長期の旅行や社会福祉活動をして過ごした。

ウィトゲンシュタインは1913年に死亡し、遺産は彼の家族や親交のあった芸術家達に分け与えられた。

パトロンとして[編集]

セセッション館(分離派会館)

カール・ウィトゲンシュタインは19世紀オーストリアにおける芸術家のパトロンとしても著名であった。法律家であり芸術にも造詣が深かった兄のパウルの紹介により、彼の邸宅にはヨハネス・ブラームスやパブロ・カザルスヨーゼフ・レイバーなどの音楽家やウィーン分離派に属する画家、建築家が出入りしていた。ヨゼフ・マリア・オルブリッヒの設計によるセセッション館(分離派会館)は彼の援助により建設されている。彼は事業においても芸術作品の興味についても反伝統主義的であった。彼が親交を持った人物にはヨーゼフ・ホフマンフェリックス・メンデルスゾーンオーギュスト・ロダンコロマン・モーザーハインリッヒ・ハイネなどがいる。カールの子供や甥、姪の住むアパートメントの室内装飾の多くはヨーゼフ・ホフマンが手がけており、グスタフ・クリムトには娘たちの肖像画を依頼している。

家族[編集]

Porträt der Margaret Stonborough-Wittgenstein
1905
Porträt der Hermine Gallia
1904


夫妻は合計9人の子供をもうけた。ドーラは誕生時に死亡している。


ハンス,クルト、ルドルフの兄弟はいずれも自殺した。父であるカールは独学で大成した自身の経験を基に、子供達には学校に通わせようとしなかった。子供達の自殺の原因はこのような独善的な教育法が関係しているとの指摘もある。[1] パウルはピアニスト、ルートヴィヒは哲学者として著名になった。ヘルミーネとマルガレーテはそれぞれグスタフ・クリムトの『Porträt der Hermine Gallia』、『Porträt der Margaret Stonborough-Wittgenstein』のモデルである。

参照[編集]

  1. ^ 『天才の精神病理』 飯田真中井久夫著 岩波現代文庫 2001年 ISBN 400600057X

外部リンク[編集]