カルロ2世・ゴンザーガ=ネヴェルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マントヴァ公カルロ2世、ロベール・ナントゥイユ

カルロ2世・ゴンザーガ=ネヴェルス:Carlo II Gonzaga-Nevers, 1629年10月3日 - 1665年8月14日)は、イタリアマントヴァ公爵及びモンフェッラート公爵(在位:1637年 - 1665年)。またフランスヌヴェール公爵、ルテル公爵(在位:1637年 - 1659年)及びマイエンヌ公爵(在位:1632年 - 1659年)。

マントヴァ公カルロ1世の次男であるマイエンヌ公シャルル(カルロ)と、その妻でマントヴァ公フランチェスコ4世の娘であるマリーアの間の長男として生まれた。妹エレオノーラ神聖ローマ皇帝フェルディナント3世の皇后である。

生後わずか2歳で父を亡くし、1637年に祖父からマントヴァとモンフェッラートの公爵位を受け継いだ。ただし、即位後10年間は母マリーアが摂政として領国を治めた。1659年、フランスの実質的な摂政であったジュール・マザラン枢機卿にヌヴェール、ルテル及びマイエンヌの公爵領を売却した。1646年11月7日に、前方オーストリア大公レオポルト5世の娘イザベラ・クララと結婚し、一人息子のフェルディナンド・カルロをもうけた。

先代:
カルロ1世
マントヴァ公
モンフェッラート公
1637年 - 1665年
次代:
フェルディナンド・カルロ
先代:
カルロ1世
ヌヴェール公
ルテル公
1637年 - 1659年
次代:
ジュール・マザラン