カナリヤ殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カナリア殺人事件
The Canary Murder Case
著者 S・S・ヴァン・ダイン
発行日 1927年
ジャンル 推理小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
形態 文章芸術
前作 『ベンスン殺人事件』
次作グリーン家殺人事件
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

カナリア殺人事件』 (カナリアさつじんじけん、The Canary Murder Case)は、S・S・ヴァン・ダイン作の長編推理小説1927年発表。 素人探偵ファイロ・ヴァンスが活躍する12長編のうちの2作目にあたる作品。

あらすじ[編集]

ブロードウェイナイトクラブで「カナリア」と呼ばれた美女マーガレット・オウデルが絞殺される。 事件の夜には複数の男性が彼女のアパートを訪れたが、殺害現場は密室であった。 素人探偵ファイロ・ヴァンスと地方検事マーカムが捜査に当たるが犯人逮捕の決め手はない。 最終的な容疑者は四人。 ヴァンスはポーカーによる心理探偵法を実践するため、容疑者を一同に集める。

登場人物[編集]

  • マーガレット・オウデル - カナリアと呼ばれるブロードウェイの踊り子
  • チャールズ・クリーヴァ - 元役人の道楽者
  • ケネス・スポッツウード - 工場経営者
  • ルイス・マニックス - 毛皮輸入商
  • アンブローズ・リンドクィスト - 精神科医
  • トニー・スキール - 窃盗の常習犯
  • アリス・ラ・フォス - 女優
  • エイミー・ギブスン - マーガレットの女中
  • ウィリアム・エルマ・ジェサップ - 電話交換手
  • ハリー・スパイヴリ - 電話交換手
  • ファイロ・ヴァンス - 素人探偵
  • ジョン・F・X・マーカム - ニューヨーク州地方検事
  • アーネスト・ヒース - 部長刑事

日本語訳[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]