グリーン家殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリーン家殺人事件
著者 S・S・ヴァン=ダイン
発行日 1928年
ジャンル 推理小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 『カナリヤ殺人事件』
次作 僧正殺人事件
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

グリーン家殺人事件』(グリーンけさつじんじけん、The Greene Murder Case)は、S・S・ヴァン=ダイン作の長編推理小説1928年発表。

素人探偵ファイロ・ヴァンスが活躍する12長編の内の3作目にあたる作品であり、ヴァン・ダインの作品の中でも次作『僧正殺人事件』と並んで特に高い評価を受けている[1]

あらすじ[編集]

ニューヨークの街中で、絶えずいがみ合い反目し合っている5人の子供達が住む古邸グリーン家。ある夜、そのグリーン家で2人の娘が何者かによって銃撃される。この事件を皮切りに、一家の皆殺しを企てる姿なき殺人者が跳梁する。

登場人物[編集]

  • ファイロ・ヴァンス - 素人探偵
  • ジョン・F・X・マーカム - 地方検事
  • アーネスト・ヒース - 部長刑事
  • トバイアス・グリーン夫人 - グリーン家の主人
  • ジュリア・グリーン - 長女
  • シベラ・グリーン - 次女
  • アダ・グリーン - 末娘、養女
  • チェスター・グリーン - 長男
  • レックス・グリーン - 末弟
  • アーサー・フォン・ブロン - グリーン家かかりつけの医師
  • スプルート - グリーン家執事
  • ゲルトルーデ・マンハイム - 料理女
  • ヘミング - 女中頭
  • バートン - 女中
  • クレーヴン嬢 - グリーン夫人の看護婦
  • オブライエン - 警視
  • ウィリアム・M・モラン - 刑事課課長
  • スニトキン - 殺人課の刑事
  • バーク - 殺人課の刑事

脚注[編集]

  1. ^ 1975年週刊読売』の海外ミステリー・ベストテンでは9位(『僧正殺人事件』は8位)に挙げられていた。