カナディアン・ロコモティブ・カンパニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カナディアン・ロコモティブ・カンパニー(Canadian Locomotive Company / CLC)は、カナダオンタリオ州キングストンにあった蒸気機関車およびディーゼル機関車の製造会社である。その工場はオンタリオ湖畔に面していた。

歴史[編集]

キングストン・ロコモティブ・ワークスの設立と倒産[編集]

CLCの前身は1848年に業務を開始したオンタリオ鋳造工場である。のちにキングストン・ロコモティブ・ワークスとなった。そこで初めて蒸気機関車が製造されたのは1854年12月20日であり、それはカナダのグランド・トランク鉄道(GTR))の最初の4両の機関車であった。翌々年の10月と11月に、さらに5両を受注した。しかし、1860年の破綻までに製造した機関車は3ダースに満たないものであった。

1865年カナディアン・エンジン&マシナリー・カンパニー(CL&EC)がその後継として設立されたが、第二次産業革命による1878年から1879年にかけての不況でまたも経営危機に陥り、倒産に至った。1878年2月に再建され、新たにカナディアン・ロコモティブ&エンジン・カンパニーとなった。さらに1881年4月に建て直しが図られ、業務は拡充された。

カナダ太平洋鉄道(CPR)の株主たちは、CL&ECの大部分を保有していた。CPRのための業務を拡充するためにCL&ECに資本が必要となったとき、彼らはスコットランドグラスゴーの機関車製造会社、ダブスに株を売却した。CL&ECはCPRの主たる車両供給者となり、長年に渡り、CPRの保有する機関車の3分の1を製造した。これらのダブスのボイラを使った機関車は耐久性があり、長年に渡って使用された。

CLCの成立と成功[編集]

1900年1月、CPRとGTRが自前で機関車を調達する決定をしたため、CL&ECはまたも倒産し、工場は閉鎖された。CL&ECは新たな投資家たちの手に渡り、1901年2月にカナディアン・ロコモティブ・カンパニーが設立された。1週間に1両のペースで機関車を製造できるようになった。1911年6月、またも新たな経営者のもとで再建されたが、会社名は変更されなかった。

CLCは二度の世界大戦において、ライバルであるモントリオール・ロコモティブ・ワークスやCPRなどとともに、武器や軍需物資を製造した。多くの機関車もまた戦争用や戦後の復興用として製造された。

第二次世界大戦の終わりまでに蒸気機関車の技術はピークを迎えたが、フランスベルギーインドへの輸出用を除いて製造数は減少した。CLCはディーゼル機関車製造の必要性を感じたが、経験のなさと、アメリカでは既にディーゼル機関車メーカーが存在したこととにより、考えあぐねていた。

アメリカのための製造会社として[編集]

1948年、CLCはボールドウィンのカナダ代理店となった。ボールドウィンは、ホイットコム・ロコモティブ・ワークスの親会社である。しかしながら、このコラボレーションは失敗に終わった。ホイットコムがカナディアン・ナショナル鉄道(CNR)向けに製造したスターリングエンジンは問題が多く、ボールドウィンに発注された両数は控えめであった。そこで、CLCは、機関車製造事業に進出する機会をうかがっていたフェアバンクス・モースに接近した。ボールドウィンが持つCLC株は、1950年に新たに設立されたカナディアン・フェアバンクス・モースに売却された。発注される規模は拡大し、とくにトレインマスターコンソリデーテッド・ライン(通称Cライナー)がその代表である。

しかしながら、フェアバンクス・モースの設計は、アメリカン・ロコモティブの設計によるモントリオール・ロコモティブ・ワークス(MLW)製のものやエレクトロ・モーティブ・ディーゼル(EMD)の設計によるゼネラルモーターズ・ディーゼル(GMD)製のものが開拓した市場にはマッチしなかった。1957年までに発注はなくなり、フェアバンクス・モースはアメリカでもカナダでも機関車製造事業から撤退してしまう。ボールドウィンとMLWもやがて撤退し、カナダ市場においてはゼネラル・エレクトリックとGMDのみが残った。

それ以前に、CLCは政府機関の援助を受けて、ダベンポート・ベスラー設計の小型の産業機関車を海外に輸出することを考えていた。1955年、CLCはポーターの機関車を製造していた同社を買収してカナダ唯一の液体式ディーゼル機関車を製造、CPRに納めた。

1965年7月26日、CLCはフェアバンクス・モース(カナダ)となり、カナダでの独立した企業ではなくなった。フェアバンクス・モースとして工業用機械や船舶エンジン、ハカリなどの分野に進んだために機関車の製造は減少した。1969年4月のストライキにより、6月には工場を閉鎖。1971年には3000両の機関車を製造し、カナダ第二位の機関車製造規模を誇った工場は取り壊された。

参考文献[編集]

  • Mc.Queen, Donald R. (2000). Constructed in Kingston: A History of the Canadian Locomotive Companies 1854 to 1968. Canadian Railroad Historical Association, Kingston Division. ISBN 0-9698285-1-9. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]