カップ=ダイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Cap-d'Ail
Blason ville fr Cap-d'Ail 06.svg
Cap-d'Ail-PACA-France.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏Flag of Provence-Alpes-Cote dAzur.svg
(département) アルプ=マリティーム県Arms of Nice.svg
(arrondissement) ニース郡
小郡 (canton) ヴィルフランシュ=シュル=メール小郡
INSEEコード 06032
郵便番号 06320
市長任期 グザヴィエ・ベック
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) メトロポール・ニース・コート・ダジュール
人口動態
人口 4497人
2007年
人口密度 2450人/km2
住民の呼称 Cap-d'Aillois
地理
座標 北緯43度43分19秒 東経7度24分23秒 / 北緯43.7219444444度 東経7.40638888889度 / 43.7219444444; 7.40638888889座標: 北緯43度43分19秒 東経7度24分23秒 / 北緯43.7219444444度 東経7.40638888889度 / 43.7219444444; 7.40638888889
標高 平均:m
最低:0 m
最高:540 m
面積 2.04km2 (204ha)
Cap-d'Ailの位置(フランス内)
Cap-d'Ail
Cap-d'Ail
公式サイト Site officiel
テンプレートを表示

カップ=ダイユ (Cap-d'Ail、オック語ニース方言:Caup d'Alh)は、フランスプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏アルプ=マリティーム県コミューン

モナコの西側国境と接している。コミューンの名は、アイユ岬からとられている。

地理[編集]

カップ=ダイユのビーチは、その自然と海岸の狭い道で有名で、典型的な地中海性の植物で囲まれている。モナコ周辺の急峻な地形特性を持つ。モナコの象徴たる山テト・ド・シアン(fr)からマラのビーチの荒々しい入江までの急斜面を垂直に下り、コミューンを下にのぞむ。

まちにはRD6098と、北を走るRD6007の2本の道路がある。海に面して、海岸通路があり、マラのビーチやマラルケのビーチに達する3600mの道としてかつてつくられた。

カップ=ダイユにはベルエポック時代の豪奢な別荘が立ち並び、20世紀初頭には多くのセレブリティーが集まっていた。

歴史[編集]

カップ=ダイユはかつてラ・テュルビー=シュル=メール(現在のラ・テュルビー)の一部であった。1904年にボーソレイユが分離し、1908年にはカップ=ダイユが分離してコミューンとなった。

第二次世界大戦中、カップ=ダイユが連合国側によって解放されたのは1944年9月3日であった[1]

人口統計[編集]

1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
4200 4282 4402 4859 4532 4887

ゆかりの人物[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ www.memorial-genweb.org Cap-d'Ail : Stèle commémorative place de la libération (Relevé n° 133357).