カジミェシュ・クッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カジミェシュ・クッツ
Kazimierz Kutz
Kazimierz Kutz
本名 カジミェシュ・ジュリアン・クッツ
Kazimierz Julian Kutz
生年月日 (1929-02-16) 1929年2月16日
没年月日 (2018-12-18) 2018年12月18日(89歳没)
出生地 ポーランドの旗 ポーランド シロンスク県カトヴィツェ
職業 映画監督脚本家政治家
ジャンル 映画政治
活動期間 1953年 - 1998年 (映画監督)
1997年 - 2007年 (政治家)
配偶者 イヴォナ・シフィェントホフスカ=クッツ (Iwona Świętochowska-Kutz)
主な作品
『沈黙の声』
『列車の中の人々』

カジミェシュ・クッツKazimierz Julian Kutz, 1929年2月16日 - 2018年12月18日) は、ポーランド映画監督政治家

来歴[編集]

1929年2月16日シロンスク県カトヴィツェで生まれた。第二次世界大戦後ムィスウォヴィツェギムナジウムを卒業。1949年にはウッチ映画大学に入学。1953年に初の短編Słowo honoru』を製作し、翌1954年に同校を卒業した。その後、アンジェイ・ワイダイェジー・カヴァレロヴィチの元で助監督を務めた。

1959年、初の長編Krzyż walecznych』を発表。翌1960年実験映画『沈黙の声』は上映禁止処分を受け、長年に渡って国内外で上映されることはほとんどなかったが、現在ではポーランド派を代表する作品の一つと評価されている。翌1961年群像劇『列車の中の人々』はロカルノ国際映画祭で銀帆賞を受賞した。1963年の『沈黙』は第24回ヴェネツィア国際映画祭に出品された。

1970年、故郷シロンスクを舞台にした『Sól ziemi czarnej』を発表。1972年の『Perła w koronie』は第25回カンヌ国際映画祭に出品され、ミラン国際映画祭で作品賞を受賞した。1980年の『Paciorki jednego różańca』はカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した。これら3作品は故郷を舞台にした「シロンスク三部作」として知られる。

1972年には映画製作会社シロンスクを設立した。1981年からはテレビ映画も手がけるようになった。また、同年には連帯運動に対して敷かれた戒厳令によって、一時当局に拘束された。1997年から2007年までは上院議員として活動した。

作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]