オーバーレブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オーバーレブ(英語表記:Over REV.)とは、Over revolutionの略で特に自動車でのエンジン許容回転数を超過することである。

概要[編集]

オーバーレブは、アクセルの全開や無理なシフトダウンなどで、エンジン回転が許容回転数(回転限界、レブリミット)を超過することである。

現在の自動車では、通常の加速時にはレブリミッター[1]が作動しオーバーレブを防止しているが、シフトダウン時に誤って車速に対し低すぎるギヤに入れると、エンジン回転数がレブリミットを超える数値まで上がり、バルブサージング[2]が発生してエンジンが破壊される場合がある(エンジンブロー)。

一般的にタコメーター(回転計)の付いた車では、瞬間的になら回せるイエローゾーンと、それ以上回すと危険なレッドゾーンで色分けされている。トラックバスの場合、警告ブザー音の出る車両も存在する(いすゞ日野ふそうの各車)。

近年の車種ではこれを防ぐため、セミオートマチックMTモードつきATの場合、エンジンの回転数がレッドゾーンに達すると強制的にシフトアップする機能を備えたものもある。

脚注[編集]

  1. ^ 設定された回転数で回転の上昇を抑える装置で、スピードリミッターと原理が似ている。生産年度が古い車両には、付いていないものもある。
  2. ^ 吸排気バルブが本来閉じているタイミングにバルブバウンスなどで開いてしまい、ピストンと衝突してしまうこと。ピストンタッチともいう。

関連項目[編集]