オート (文具)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オート株式会社
OHTO CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
111-0051
東京都東京都台東区蔵前4-5-9
設立 1919年4月
業種 製造業(文房具)
法人番号 6010501002208
事業内容
代表者 髙橋和久(代表取締役)
資本金 4500万
関係する人物
外部リンク
テンプレートを表示
ニードルポイント 0.7mm

オート(おーと・: OHTO)は、(旧)中田機化工業[1]オートボールペン工業に端を発する、日本文房具メーカーである。そのブランドは、以前はAUTOと綴ったが、現在ではOHTOと綴る。

概要[編集]

メーカーは、1946年鉛筆ボールペンの「オートペンシル」を、1951年に他に先駆けて実用的なボールペンを販売[2]たことで知られている。 1943年に発明されたボールペンはどのメーカーの製品(万年筆ベースの「ボールペン万年筆」)にも材質やインクの欠陥などの問題を抱えていたものばかりであったが、本メーカーはそれらの問題を初めて克服した。

また、ガチャック[3]を開発したメーカーとしても有名である。 綴じ穴を空けずに重ねた書類を綴じられるガチャックは、1980年に元洋服仕立師である佐藤久夫企画を同社が商品化し[4][5]、代表するヒット商品と成るとともに、このタイプの文房具の一般名詞にも成っている。また、鈴木孝俊発明したメモクリップを他社に先駆けて最初に商品化した。

近年は、アイデア商品の開発も多い。自動繰り出し型のオートシャープペンシル[6]や温かみの感じられる木軸シャープペンシルなどが近年の代表作であると云える。

京セラ技術を採用したセラミックボール[7]を用いた水性ボールペンや、ペン先が細長い円錐をした「ニードルポイント」("NEEDLE-POINT")[8]という油性ボールペンなど独自の商品を開発・販売している。 なお、この単語は、ペン先の状がの先端の様に鋭いイメージからNEEDLE()とPOINT(先端)の2つの言葉で命名された、オートに因る造語である[8]

また、2006年には、「アメリカンテイスト」と題してカラフルマーブル模様のボールペンのシリーズ発売し、これらが人気商品となった[9]

他社が水性ボールペンのラインナップを大幅に減らす中、オートは現在も同型の新製品を積極的に展開しており、2017年はノック式の「オー」を発売している。

沿革[編集]

主な製品[編集]

  • 文房具
    • ペン
      • ボールペン - アメリカンテイスト・グラフィックライナー・カラージェム・レザーペン・リバティ・デュード・エピック・ファイン
      • シャープペンシル - オートシャープ・木軸シャープ・ホライゾン
      • シャープペンシル付属用消しゴム
      • 万年筆 - マジェスティック ・デュード・ポッシュ・木製デスクペン
      • マーカー - ルージュ
  • ペンスタンド - カジュアルペンスタンド
  • ガチャック - ガチャック・エコガチャック・クリアガチャック
    • ガチャ玉 - ガチャ玉・紙ガチャ玉・エコプラガチャ玉・PGガチャ玉・カートリッジガチャ玉
  • クリップ - スーパークリップ
  • カッターナイフ - カットプロ・セラミックペンカッター・切り抜きプロ
  • メモクリップ - インデックスクリップ・紙バチクリップ
    • マグネット - 強力マグネ君・アテンションクリップ・マグネットシート・マグネットメモクリップ・キューブ
    • 粘着テープ型 - メモクリップ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b 神田川人. “konjak013.pdf (PDF)”. 2014年7月1日閲覧。
  2. ^ オフィスマガジン. “ボールペン”. 2014年7月1日閲覧。
  3. ^ オート. “ガチャックって?”. 2014年7月1日閲覧。
  4. ^ オート. “200702_P5.pdf (PDF)”. 2007年2月閲覧。
  5. ^ 『ガチャック(オート株式会社)』 ウィズワークス月刊総務 2011年3月号 オフィス用品で振り返る総務、いまむかし 第35回〉、2011年2月8日
  6. ^ オート. “オートシャープ”. 2014年7月1日閲覧。
  7. ^ オート. “セラミックボールって?”. 2014年7月1日閲覧。
  8. ^ a b オート. “ニードルポイントって?”. 2014年7月1日閲覧。
  9. ^ 鷹木創 (2007年1月11日). “2006年売れたペン、2007年売れるペン”. ITmedia. http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0701/11/news033.html 
  10. ^ データ・マックス. “産業界を席巻した数々の「循環取引」 (3)”. 2007年5月28日閲覧。
  11. ^ 当時東証二部上場(7982)