ローレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
綾目ローレットの表面
精密ドライバー

ローレット英語:knurlingフランス語:moletage)とは、金属に施す、細かい凹凸状の加工のこと。ローレット加工とも言う。ローレット加工は滑り止めの効果がある。
ローレットは、フランス語のルレット(roulette):「小さな輪」「小さくて回るもの」を語源とするといわれている[1]。英語のナーリングという表記も使われる。文房具メーカーでは、フィーリングという呼び名(ステッドラー)やローレック加工(三菱鉛筆シャープペンシルシフト)という表記がなされる。

ローレット加工は、時計のツマミ部・精密ドライバーのグリップ・ダンベルのシャフト・シャーペンなどの日用品や、金属製品のさまざなものの表面にローレット加工が施されている。

ローレット加工の種類[編集]

ローレットには、用途によって斜めローレットや平目ローレット、綾目ローレットなどの種類がある [2]

斜めローレット
機械自動車の部品、ねじなどに利用されている。
平目ローレット
時計のツマミや、金属ダイヤルなどによく用いられる。
綾目ローレット
ダイヤ目、クロス目など2方向を交差するローレット。

ローレット加工方式[編集]

ローレット加工には、転造方式と切削方式が存在する。転造方式とは、加工したい形状と同じ模様のコマやロールを金属材料に押し付ける事で加工する方法であり、今でもローレット加工の主流である。切削方式の特徴は、非常に奇麗で寸法の安定した尖った仕上がりになる事で様々な工業製品によくつかわれている。近年では、切削方式のローレットが増えてきている[いつ?]

出典[編集]

  1. ^ 佐々木耕, 和田正毅, 米山實「切削ローレット工具の特性」『職業能力開発研究』第27巻、職業能力開発大学校 能力開発研究センター、2009年、 69-88頁、2020年10月10日閲覧。
  2. ^ JIS B 0951 ローレット目

関連項目[編集]

外部リンク[編集]