オーケー (大分県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式會社オーケー
OK Co., ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
870-0872
大分県大分市高崎3丁目1番25号
設立 1990年(平成2年)7月11日
創業は1978年(昭和53年)1月14日
業種 小売業
事業内容 スーパーマーケット経営
代表者 大城英男(代表取締役社長)
資本金 8000万円
売上高 180億円(2008年5月期)
決算期 5月
テンプレートを表示

株式會社オーケーは、かつて、大分県大分市高崎に本社を置き、大分県一円で食品主体のスーパーマーケットチェーン「新鮮市場」24店舗を展開していた企業である。旧店名は「オーケーマート」(それ以前は「ラッキー」)であり、企業名・店舗名ともに類似のものがあるため、オーケー新鮮市場と呼ばれることもある[1]

概要[編集]

青果鮮魚精肉生鮮3品を中心とする食品スーパーマーケットを展開する。このうち青果のみが直営で、鮮魚・精肉はテナントである[2]

2016年3月22日に、リテールパートナーズ傘下のマルミヤストアがオーケーの事業を継承することが公表された。マルミヤストアは2016年4月中に新鮮マーケットを設立し、6月までに事業を承継。24店舗のうち18店舗は「新鮮市場」の商号を維持し営業を続けることとなり、2016年6月24日から一時閉店し、7月1日に再オープンした。また、18店舗のうち4店舗は、マルミヤストアのディスカウントストア部門であるアタックスマートが運営することとなった。一方、残る6店舗は6月23日で閉店した[3][4][5]

経営方針[編集]

株式會社オーケーは、「一守捨て六」と称する以下の経営方針を掲げて、営業地域、店舗数、店舗面積等の経営規模を律していた[6]

一守
売上高経常利益率の3%確保

捨て六

  1. 出店地域は大分県内のみ
  2. 店舗数は30店未満
  3. 売り場面積は1,000平米未満
  4. 年商は300億円未満
  5. 借入金は30億円未満
  6. 株式は上場しない

店舗一覧[編集]

大分県内の13市3町1村のうち、9市1町に出店している。

  • 新鮮市場ぷらす 大貞店 - 中津市大貞詳細(2007年3月28日開店)
  • 新鮮市場 宇佐店 - 宇佐市大字葛原
  • 新鮮市場 友田店(旧名:日田店) - 日田市大字友田
  • 新鮮市場ぷらす 花月店 - 日田市大字三和(2006年11月28日開店)※
  • 新鮮市場 安岐店 - 国東市安岐町塩屋※
  • 新鮮市場ぷらす 日出店 - 速見郡日出町(2007年7月31日開店)※
  • 新鮮市場ぷらす 山の手店 - 別府市山の手町(2007年12月5日開店)
  • 新鮮市場 鶴見店 - 別府市馬場1組(店名が「ラッキー」時代からの古参店舗である)
  • 新鮮市場 松岡店 - 大分市大字松岡(2011年9月13日開店)
  • 新鮮市場 大在店 - 大分市汐見2丁目
  • 新鮮市場 鶴崎店 - 大分市大字鶴崎※
  • 新鮮市場 新川店 - 大分市新川町2丁目
  • 新鮮市場 花高松店 - 大分市花高松1丁目
  • 新鮮市場 南大分店 - 大分市大字豊饒
  • 新鮮市場 野津原店 - 大分市大字野津原
  • 新鮮市場 臼杵店 - 臼杵市大字野田
  • 新鮮市場 三重店 - 豊後大野市三重町小坂
  • 新鮮市場 佐伯店 - 佐伯市大字女島

※はアタックスマートが運営する店舗

閉店した店舗[編集]

  • 羽屋店 - 大分市羽屋(2007年9月12日閉店)
  • 西別府店 - 別府市鶴見(2013年8月閉店)
  • 挾間店 - 由布市挾間町(2013年8月閉店)
  • 蛎瀬店(旧名:中津店) - 中津市大字蛎瀬(2014年閉店、現マルミヤストア蛎瀬店)
  • 新鮮市場eX 中津北店 - 中津市大字大新田(2009年10月6日開店。2016年6月23日閉店[5]
  • 新鮮市場ぷらす 高瀬店 - 中津市高瀬(2007年4月25日開店。2016年6月23日閉店[5]
  • 新鮮市場 森店 - 大分市大字森(2016年6月23日閉店[5]
  • 新鮮市場 西大在店 - 大分市角子南2丁目(トキハインダストリーの居抜き。2016年6月23日閉店[5]
  • 新鮮市場eX 高崎店(旧名:新鮮市場 高崎店) - 大分市高崎3丁目(2007年7月4日、新鮮市場eXに。2016年6月23日閉店[5]
  • 新鮮市場ぷらす 敷戸店 - 大分市敷戸台1丁目(2006年10月24日開店。2016年6月23日閉店[5]

脚注[編集]

  1. ^ オーケー新鮮市場、マルミヤストアが買収-事実上の救済合併 都市商業研究所、2016年3月23日
  2. ^ 業務案内 - 新鮮市場
  3. ^ 大分のスーパー、20億円で買収 リテールパートナーズ 日本経済新聞、2016年3月23日
  4. ^ 新鮮市場18店営業継続 6店は閉鎖の方向 大分合同新聞、2016年3月23日
  5. ^ a b c d e f g 新鮮市場6店、23日閉店 24日から新体制 大分合同新聞、2016年6月22日
  6. ^ 社長挨拶 - 新鮮市場 会社概要