オーガスタ (植物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Strelitzia nicolai
オーガスタ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ショウガ目 Zingiberales
: ゴクラクチョウカ科 Strelitziaceae
: ゴクラクチョウカ属 Strelitzia
学名
Strelitzia nicolai
和名
オーガスタ
ルリゴクラクチョウカ
英名
Giant white bird of paradise

オーガスタ (学名:Strelitzia nicolai)は、ゴクラクチョウカ科Strelitziaceae)・ゴクラクチョウカ属Strelitzia)の常緑性植物。世界で2種の存在が確認されており、マダガスカルと南アフリカに自生。オーガスタというのは日本国内における流通名である(本来のS. augustaS. albaシノニムであり日本で流通しているオーガスタ(S. nicolai)とは別種である。)。ルリゴクラクチョウカとも。英語名称は、giant white bird of paradise もしくは wild banana など。

特徴[編集]

大型になる常緑性多年草で、バナナのそれに似ているは、長さが60cm以上、幅が30cm以上になる。熱帯植物らしいエキゾチックな姿で観葉植物としても栽培されている。野生では、茎が成長し、高さが10m以上になることもある。この時の姿はタビビトノキRavenala madagascariensis)に似た姿となる。