オブレノヴィッチ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オブレノヴィッチ家の紋章。現在のセルビアの国章でもある

オブレノヴィッチ家セルボ=クロアチア語キリル文字表記:Обреновићиラテン文字表記:Obrenovići)は1815年から1842年まで、飛んで1858年から1903年までセルビアを統治した王家。

歴史[編集]

オブレノヴィッチ家は中世セルビア貴族オルロヴィッチ家の系統を引いている。ミロシュの継父(生母の前夫)オブレン・マルティノヴィッチはマルティノヴィッチ=オルロヴィッチ家の分家の一員で、オブレノヴィッチの家名は彼の名に由来する。

初代ミロシュ・オブレノヴィッチ1世オスマン帝国に対する反乱第2次セルビア蜂起を指導してセルビア公国を成立させ権力を握った。その統治は専制的な傾向があり、政権を握っていた10年の間に次第に民心を失った。

軍部内の黒手組組員の将校らは王妃選定問題で民心を失った最後の国王アレクサンダル・オブレノヴィッチ5世を殺害し、オブレノヴィッチ家の統治は終わった。オブレノヴィッチ家による専制君主政が終わると、カラジョルジェヴィッチ家による立憲君主政がこれに取って代わった。

ギリシャブルガリアルーマニアなどの他のバルカン諸国と異なって、セルビアは既存のヨーロッパの王室から君主を迎えなかった。オブレノヴィッチ家は対立していたカラジョルジェヴィッチ家と同様に、セルビア本国出身の王家である。

歴代君主[編集]

セルビア公[編集]

初代ミロシュ公

セルビア王[編集]

王族[編集]

系図[編集]

 
 
 
 
テオドル・ミハイロヴィッチ
 
ヴィシュニャ・ゴイコヴィッチ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミロシュ・オブレノヴィッチ1世
セルビア公
 
 
 
ヨヴァン
(1787-1850)
 
イェヴラム
(1790-1856)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミラン・オブレノヴィッチ2世
セルビア公
 
ミハイロ・オブレノヴィッチ3世
セルビア公
 
オブレン
(-1826)
 
ミロシュ
(1829-1861)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミラン1世
セルビア公
セルビア王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレクサンダル1世
セルビア王
 

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]