ミラン・オブレノヴィッチ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミラン・オブレノヴィッチ2世
Милан Обреновић II
セルビア
Milan Obrenović II, Prince of Serbia.jpg
ミラン・オブレノヴィッチ2世
在位 1839年6月25日7月8日
出生 1819年10月21日
Fictitious Ottoman flag 2.svg オスマン帝国
Civil Flag of Serbia.svg セルビア公国クラグイェヴァツ
死去 1839年7月8日(満19歳没)
Fictitious Ottoman flag 2.svg オスマン帝国
Civil Flag of Serbia.svg セルビア公国ベオグラード
埋葬 Civil Flag of Serbia.svg セルビア公国、パリルラ
Civil Flag of Serbia.svg セルビア公国ベオグラード天使首ミハイル大聖堂(改葬)
王家 オブレノヴィッチ家
父親 ミロシュ・オブレノヴィッチ1世
母親 リュビカ・ヴコマノヴィッチ
宗教 キリスト教正教会
テンプレートを表示

ミラン・オブレノヴィッチ2世セルビア語: Милан Обреновић II1819年10月21日 - 1839年7月8日)は、セルビア公(在位:1839年)。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

セルビア公ミロシュ・オブレノヴィッチ1世の長男として生まれたが、生まれつき病弱であった。現在のベオグラード大学の前身にあたるベオグラード高等学校を卒業し、フランス語ドイツ語を習得した。1830年にセルビアが自治権を獲得すると、父の次期公位継承者となった。

即位[編集]

父のミロシュ・オブレノヴィッチ1世は1839年6月25日にミランに譲位したが、この時ミランは病床にあり、意識を取り戻すことなく1839年7月8日に死去した。このため、セルビア公ミラン・オブレノヴィッチ2世の名で発布された公文書は1つもなかった。病気と在位期間の短さから、自身が統治者となったことを認識していなかった可能性がある。

死後、パリルラ(Palilula)の教会に埋葬されたが、後にベオグラード天使首ミハイル大聖堂へ改葬された。弟のミハイロがミハイロ・オブレノヴィッチ3世として公位を継承し、後に摂政が置かれた。