オットー1世 (ザクセン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザクセン公オットー1世

オットー1世(Otto I., 851年頃 - 912年11月30日)は、ザクセン公(在位:880年 - 912年)。ザクセン公リウドルフの息子でブルンの弟。オットー貴顕公ないし栄光公(ドイツ語:der Erlauchte)と称される。姉リウトガルトは東フランク王ルートヴィヒ3世と結婚した。

生涯[編集]

880年に兄ブルンが死去した後、ザクセン公位を継承した[1]

888年、南テューリンゲン伯爵となり、908年にアイヒスフェルト伯爵となった。また、オットーはヘルフォルト大修道院長の地位にあった。サクソン人歴史家コルヴァイのウィドゥキントの記述に拠れば、オットーは911年東フランク王国の王権を要求したが、受けいれられなかったという[2]。ただし、この要求が史実かどうかは疑わしいとされている[2]。また、オットーはマインツ大司教ハットーとともにコンラート1世を東フランク王に推挙したともいわれる[3]912年にオットーは亡くなり、ガンダースハイムの教会に葬られた。

子女[編集]

869年頃に、バーベンベルク家オストマルク東方辺境伯ハインリヒとイタリア王ベレンガーリオ1世の姉妹インゲルトルードの間の娘ヘートヴィヒ(903年没)と結婚した。ヘートヴィヒはフランク王ルートヴィヒ1世の曾孫にあたる。以下の子女をもうけた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 成瀬 他、p. 97
  2. ^ a b Reuter, p. 135
  3. ^ 瀬原、p. 62

参考文献[編集]

  • 成瀬治 他 編 『世界歴史大系 ドイツ史 1』 山川出版社、1997年
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
  • コルヴァイのヴィドゥキント、三佐川亮宏 訳 『ザクセン人の事績』 知泉書館、2017年
  • Timothy Reuter, Germany in the early middle ages 800-1050, Longman, 1991.

関連項目[編集]

先代:
ブルン
ザクセン公
880年 - 912年
次代:
ハインリヒ1世