リウドルフ (ザクセン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リウドルフドイツ語: Liudolf, 806年 - 864年あるいは866年3月12日)は、ザクセン伯爵。東ザクセン公とも呼ばれる。東ザクセンの領土をめぐってノルマン人スラヴ人と争った。リウドルフ家(リウドルフィング家)の名は彼の由来する事実上の家祖である。

生涯[編集]

リウドルフは、フランクの族長(princeps)ビルングとエーダの間の娘であるオーダと836年頃[1]結婚した。このフランク貴族との結婚によって、リウドルフ家はフランク王国内で確固たる地位を占めた。オーダは913年5月17日に亡くなった。107歳と推定されている。

845年(あるいは846年)、リウドルフとオーダはローマ教皇セルギウス2世のもとへ赴き、女子修道院を建設する許可を願い出た。セルギウス2世はこれを許可し、852年にブランシャウセンに女子修道院が建設され、その後の881年に、ガンダースハイムに移設された。リウドルフの娘のハトゥモット(Hathumod)は女子修道院長となった。リウドルフはブランシャウセンに埋葬された。

リウドルフの死後、息子ブルンがザクセン公位を継いだが、ブルンはノルマン人との戦いで戦死し、ブルンの弟オットー1世(貴顕公)が公位を継いだ。オットーの息子がドイツ王ハインリヒ1世である。また、リウドルフの娘リウトガルトは東フランク王ルートヴィヒ3世と結婚した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ludwig A. Winterswyl, Otto der Grosse und das Erste Reich der Deutschen, Obelisk-Verlag, 1937, p.95

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
?
ザクセン伯
844年 - 866年?
次代:
ブルン