ブルン (ザクセン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルン(ブルーノ)
Brun (Bruno)
ザクセン公
Bruno dux.jpg
称号 ザクセン公866年 - 880年
出生 830年/840年
死去 880年2月2日
父親 ザクセンの伯リウドルフ
母親 オーダ・フォン・ビルング
テンプレートを表示

ザクセン公ブルンまたはブルーノ(Brun (Bruno), 830年/840年 - 880年2月2日)は、ザクセン伯(在位:866年 - 880年)。ザクセン公ともされているが、正確なことは不明。リウドルフの長男[1]オットー1世の兄。カトリック教会では聖人とされ、記念日は2月2日である。

略歴[編集]

866年、父リウドルフの死により、その地位を継承した[2]。しかし、880年、ブルーノは2人の司教、11人の伯、18人の家臣と共にザクセンにおいてノルマン人と戦って亡くなった[2][3]。それ以外の事跡は伝わっていない。弟オットーがその地位を継いだ[2]

伝承によれば、ブルーノはブラウンシュヴァイクの建設者で、ブラウンシュヴァイク伯家(ブルノン家)の先祖とされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Warner, p. 6
  2. ^ a b c 成瀬 他、p. 97
  3. ^ Reuter, p. 88

参考文献[編集]

  • 成瀬治 他 編 『世界歴史大系 ドイツ史 1』 山川出版社、1997年
  • David A. Warner (trans.), Ottonian Germany, The Chronicon of Thietmar of Merseburg, Manchester University Press, 2001.
  • Timothy Reuter (trans.), The Annals of Fulda, Manchester University Press, 1992.

関連項目[編集]

先代:
リウドルフ
ザクセン公
866年 - 880年
次代:
オットー1世