オジブワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
5人のオジブワの首領(19世紀)

オジブワ族(Ojibwa)は、アメリカ合衆国及びカナダ先住民族インディアン)の部族である。アメリカ合衆国ではチェロキー族、ナヴァホ族に次いで3番目、北米全体でもクリー族に次いで4番目に大きい人口を持つ。チペワ族(Chippewa)としても知られる。

10万人ほどがアメリカ合衆国ミシガン州からウィスコンシン州ミネソタ州モンタナ州にかけての北部に居住し、約76,000人ほどがカナダオンタリオ州からブリティッシュコロンビア州に居住する。

「オジブワ」は、「皺を寄せたモカシン」というような意味である。彼らの履くモカシンは、甲の部分が別革を縫い合わせたタイプだった。 彼ら自身は『アニシナアベ族英語版』(Anishinaabe)と自称し、これは「野生の人々」という意味である。

歴史[編集]

  • 他の北東部族と同様、白人入植者との軋轢で西方へと領土を移動する歴史の繰り返しだった。1730年代にはスペリオル湖畔に到達し、イロコイ族を東へ押し返し、ヒューロン湖エリー湖近辺を制圧した。スー族とはその後も長きに渡り敵対し、これを負かした唯一の部族となった。

文化[編集]

現在[編集]

オジブワ族の著名人[編集]

関連項目[編集]

  • チペワ1901年に設立されたアメリカのブーツメーカー社。チペワ族(オジブワ族)が定住していたウィスコンシン州、チペワ・フォールズでブーツが最初に作られたため同部族名から名付けられた。

外部リンク[編集]