オキシライトPRO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オキシライト PROは、加速化過酸化水素除菌剤

オキシライト・シリーズのハイエンドモデル。現場の最前線でも耐えられる様に脂肪酸直鎖アルキルベンゼンスルホン酸を配合。また、過酸化水素濃度が高めに設計されている為、希釈が可能。

従来、輸入品に頼っていた日本国内ユーザーにとって、これが初の国産品となった[1][2]

2020年、ダイヤモンドプリンセス号の除染作業を担当した特殊清掃業社からの強い要望を受け、ケイエスプランニング社がシーバイエス社の協力を得て製品化[3] [4]。 同年5月から除染作業の現場への供給が開始された。

特徴[編集]

オキシライト PROは0.5%加速化過酸化水素により細菌ウイルスを短時間で除菌し対象表面を衛生的に保つ除菌・除ウイルス洗浄剤である。

細菌・ウイルスを対象にした試験により 30秒間で99.9%以上の除菌・除去率が確認されている。[3]2020年7月、厚生労働省国立感染症研究所が、オキシライト PROの評価試験を行いコロナウイルスに対して有効であることが確認された。

ノロウイルス(代替:ネコカリシウイルス)に対しても有効であることから、冬のウイルス対策として学校施設等でも広く利用されている。

汚れがある表面では効果が得られない除菌剤が多い中、オキシライトPROは洗浄と除菌を同時に行えることから除染現場では高い評価を得ている。

また、引火性、腐食・変色性による被害が極めて少ないことが、豪華客船等の除染に選定された理由である。

液性は酸性。成分は過酸化水素(0.5%)、界面活性剤脂肪酸溶剤有機酸リン酸である。

利用[編集]

2020年5月、 三菱重工業長崎造船所香焼工場に停泊中のコスタ・アトランチカ号で新型コロナウイルスCOVID-19)の集団感染が発生した際、船内の除染にオキシライトPROが用いられた。

2020年7月に大阪府、同年9月に東京都の新型コロナ感染者の軽症者等に係る宿泊療養施設の除染作業において、オキシライト PROの導入を開始。

2020年11月、一般社団法人除菌・脱臭サービス協会が、「RE-BORN」(新型コロナウイルス消毒メニュー)のセミナーでオキシライト PROによる清拭を推奨。

2020年12月、ウエルシア薬局が、オキシライト PROスプレータイプの取り扱いを開始。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]