オウシマダニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オウシマダニ
Rhipicephalus-microplus-female-male.jpg
雌(左)と雄(右)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 鋏角亜門 Chelicerata
: クモ綱 Arachnida
: ダニ目 Acari
亜目 : マダニ亜目 Ixodoidea
: マダニ科 Ixodidae
: コイタマダニ属 Rhipicephalus
: オウシマダニ R. microplus
学名
Rhipicephalus microplus
(Canestrini, 1888)
シノニム

Boophilus microplus

英名
cattle tick

オウシマダニは、マダニ科コイタマダニ属英語版に属するダニの一種である。

1宿主性でその名の通りウシに寄生するが、ヒツジ水牛ライオンイリオモテヤマネコなどにも寄生する。バベシア英語版を媒介することで知られるが、他に重症熱性血小板減少症候群ウイルスを媒介するという報告がある[1]

分布[編集]

かつては九州から沖縄にかけて日本にも分布していたが、現在はウシの薬浴などによる駆除が進み、これらの地域からは撲滅された。世界的には亜熱帯や熱帯地域を中心に、アジア、オーストラリアの一部、マダカスカル、アフリカ南東部、西インド諸島、中南米など広域で確認されている。また、以前はアメリカにも分布していたが、現在はテキサス州カリフォルニア州におけるメキシコとの国境地帯に時々発見されるのを除いて撲滅されている[2][3]

経済的損失[編集]

撲滅以前のアメリカでは Rhipicephalus annulatus とともに牛のバベシア(Babesia bigemina および B. bovis)やアナプラズマ (Anaplasma marginale) を媒介することで、現在の貨幣価値に換算して年間30億ドルの損失があったと算定されている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 国内で初めて診断された重症熱性血小板減少症候群患者”. 2013年2月21日閲覧。
  2. ^ 牛の移動制限解除/八重山地域/27年ぶり/県、オウシマダニの撲滅宣言”. 2013年2月21日閲覧。
  3. ^ a b Rhipicephalus (Boophilus) microplus. Southern Cattle Tick, Cattle Tick (PDF)”. en:Iowa State University (2007年2月20日). 2013年2月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『最新家畜寄生虫病学』 今井壯一・板垣 匡・藤崎幸藏 編、板垣博・大石勇 監修、朝倉書店2007年、248頁。ISBN 978-4254460278