エリソン (アリエ県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hérisson
Blason ville fr Hérisson (Allier).svg
Hérisson - Allier 021.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) アリエ県Blason comte fr Clermont (Bourbon).svg
(arrondissement) モンリュソン郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 03127
郵便番号 03190
市長任期 ベルナール・フォロー
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Pays de Tronçais
人口動態
人口 634人
2011年
人口密度 19人/km2
地理
座標 北緯46度30分34秒 東経2度42分44秒 / 北緯46.5094444444度 東経2.71222222222度 / 46.5094444444; 2.71222222222座標: 北緯46度30分34秒 東経2度42分44秒 / 北緯46.5094444444度 東経2.71222222222度 / 46.5094444444; 2.71222222222
標高 平均:m
最低:177m
最高:327m
面積 32.57km2
Hérissonの位置(フランス内)
Hérisson
Hérisson
テンプレートを表示

エリソン: Hérisson)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏アリエ県コミューン

地理[編集]

オマンス川

オマンス河岸にあり、オマンス川とシェール川の合流地点からおよそ15km離れている。

コミューンは盆地の中にあり、エリソン城はコミューンを流れるオマンス川を見下ろす丘のてっぺんにある。

歴史[編集]

伝説によると、古代都市コルデス(Cordès)の住民たちが、蛮族の侵攻から身を守るためにエリソンの地へ移住してきた。中世のエリソンは、ブルボネーに17箇所あった、城代が置かれたシャトレニー(fr、城代に授けられた封土)で、対アキテーヌ国境地帯の防衛の役割を担っていた。最初のエリソン城は、オマンス川との往来を確保するためにブルボン領主によって築かれた。百年戦争の間、アキテーヌ公領の領主を兼ねていたイングランド王は、直接ブルボネーを脅かし、エリソン城に篭城して抵抗するフランス軍を包囲した。フロンドの乱後、年少の王ルイ14世のため、王太后アンヌ・ドートリッシュとともに国を治めていたマザラン枢機卿は、エリソン城を廃止させた。その後城は石材の切り出し場となった。

フランス革命の時代、エリソンは郡庁がおかれたが、盆地状の地形のため主要道から遠く、コミューンの発展は望めなかった。モンリュソン-ムーラン間の鉄道路線が停車する近隣のコミューン、コーヌ=ダリエは、エリソンよりも発展することになった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
1170 1043 979 872 801 709 679 634

参照元:1999年までEHESS[1]、2004年以降INSEE[2][3]

史跡[編集]

  • シャテロワ集落を囲むガリア時代の壁跡
  • エリソン城 - 10世紀から14世紀。歴史文化財
  • サン・ピエール・ド・シャテロワ教会 - 12世紀ロマネスク様式。歴史文化財
  • 11世紀から12世紀に築かれた城壁の門。ヴァレンヌ門とリヴィエール門は歴史文化財となっている。

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]