エリコ・ヴェリッシモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリコ・ヴェリッシモ
Erico Verissimo
誕生 1905年12月17日
ブラジルの旗ブラジルen:Cruz Alta, Rio Grande do Sul
死没 1975年11月28日(満69歳没)
ブラジルの旗ブラジルポルト・アレグレ
職業 小説家
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
子供 en:Luís Fernando Veríssimo
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

エリコ・ヴェリッシモErico Verissimo1905年12月17日1975年11月28日)は、ブラジル小説家である。

1905年、ブラジル、リオグランデ・ド・スル州クルース・アルタ生まれ。

マシャード・デ・アシス賞、グラッサ・アラーニャ賞を受賞した。

生涯と作品[編集]

1905年にエリコ・ヴェリッシモはブラジル、リオ・グランデ・ド・スル州クルース・アルタ市で生まれた。父はセバスチャン・ヴェリッシモと言う名前で、天才で、薬剤師でしたが、ボヘミアンで、女たらしで、すべての財産を失いました。エリコは作品の中の「あるロヅリゴ大尉」と言う最初の濃密な人物に父の人格をよく入れたので、父を不朽しました。1922年に、両親が離婚して、エリコは母のアビガイル・ロペス・ヴェリッシモと住むことになりました。倉庫と銀行で働いた後、自分の薬局を始めて、そこで英語も教えました。その頃はもう文学と音楽と絵が好きでした。後で、マファルダ・ヴォルピと結婚しました。その頃、友人アウグスト・マイヤーの仲介で、「Diário de Notícias(毎日のニュウス)」新聞と「Correio do Povo(市民の新聞)」新聞にいくらかの物語と絵を掲載しました。1930年に、薬局が破産してから、州都へ引っ越しました。一年後、「Revista do Globo(グロボ誌)」誌に幹事として請われました。その後その雑誌の社長になりました。

テキストを翻訳して、出版するための作品も選びました。暇なときだけ自分の創作を書くようにしました。「Fantoches (操り人形)」というのは最初の創作で、1932年に出版されました。次は1933年で、「Clarissa(クラリサ)」と言う小説は売れ行きが編集者たちに熱意ださせます。5年後、「Olhai os lírios do campo (野の百合を見よ)」は始めて62000冊出版しました。

1935年の「Caminhos Cruzados (渡り道)」は「グラサ・アラニャ賞」を勝ち取りますが、ある人たちはポルノ的で共産主義の本と非難しました。その非難はたびたび繰り返されましたが、作家を動揺させることができませんでした。彼はそれを許すことなく、政治的過激主義に反しました。なぜなら残酷なことや人間の搾取や虐殺やスラム街で見られることを真のポルノとみなしましたから。「A Vida de Joana D’Arc (ジャンヌ・ダルクの生涯)」などいろいろな児童書の叢書などの創作を続けました。

1943年に、(1941年にアメリカにいったことがあった)エリコはバークレイ大学にポルトガル語とブラジルの文学の先生として請われました。「ブラジルの文学」を書いて、会議を開催して、ミルスカレッジで文学の名誉博士号を取得しました。その仕事関係から北米の生活をもとにした「Gato preto em campo de neve (雪の野原の黒い猫)」(1941年)と「A volta do gato preto (黒い猫のリターン)」(1945年)を書きました。それと同じアプロッチの説話と解釈は「México (メキシコ)」(1957年)と「Israel (イスラエル)」(4月1970年)に見られます。1953年にアメリカへ戻って、1956年まで米州機構の事務総長を勤めました。

最初北米へ行った時に、もうスペイン語で出版されていった彼の小説は英語やフランス語やイタリア語やドイツ語や露語やハンガリー語やフィンランド語やスウェーデン語やノルウェー語で出版されました。1954年、彼の作品はブラジル文学アカデミーでマシャド・デ・アシス賞を勝ちとりました。

1962年に、1949年に書いた「O continente (大陸)」と1951年の「O retrato (肖像)」に「O arquipélago (諸島)」を加えて、ブラジル文学のクライマックスの「O tempo e o vento (時間と風)」の三部作になりました。エリコの創作は「Um lugar ao Sol (太陽のあたる所)」(1936年)や「Saga (冒険)」(1940年)や「O resto é silêncio (沈黙)」(1943年)や「O prisioneiro (囚人)」(1967年)や「Incidente em Antares (アンタレスの出来事)」(1970年)という長編小説と「Viagem à aurora do mundo (世界の夜明けへ旅行)」(1939年)という教訓的な物語と「Noite (夜)」(1954年)というノベル小説と「O ataque (攻撃)」(1959年)という物語があります。

エリコ・ヴェリッシモは1975年にリオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレ市の自宅で心臓発作で亡くなりました。

受賞歴[編集]

  • マシャード・デ・アシス賞 (Música ao Longe(『遥かなる調べ』)に対して)
  • グラッサ・アラーニャ賞  (『十字路』に対して)

著書[編集]

短編小説[編集]

  • Fantoches ("Puppets")
  • As mãos de meu filho ("My Son's Hands")
  • O ataque ("The Attack")
  • Os devaneios do general ("The reveries of the general")

小説[編集]

  • Clarissa – 1933
  • Caminhos Cruzados ("Crossed Paths") – 1935
  • Música ao Longe ("Music From Afar")(『遥かなる調べ』)– 1936
  • Um Lugar ao Sol ("A Place in the Sun")– 1936
  • Olhai os Lírios do Campo ("Behold the Lilies of the Field")(『野の百合を見よ』)– 1938
  • Saga – 1940
  • O Resto É Silêncio| ("The Rest is Silence") – 1943
  • en:O Tempo e o Vento (The Time and the Wind"):
    • O continente ("The Continent") – 1949
    • O Retrato ("The Portrait") – 1951
    • O Arquipélago ("The Archipelago") – 1961
  • en:Noite ("Night") - 1954
  • en:O Senhor Embaixador ("His Majesty, the Ambassador") – 1965
  • O Prisoneiro ("The Prisoner") – 1967
  • Incidente em Antares ("Incident in Antares") – 1971

児童向け小説[編集]

  • A vida de Joana d'Arc – 1935
  • As AVenturas do Avião Vermelho – 1936
  • Os Três Porquinhos Pobres(『三匹のまずしい子ブタ』) – 1936
  • Rosa Maria no Castelo Encantado – 1936
  • Meu ABC – 1936
  • As Aventuras de Tibicuera – 1937
  • O Urso com Música na Barriga – 1938
  • A Vida do Elefante Basílio – 1939
  • Outra vez os três porquinhos – 1939
  • Viagem à aurora do mundo – 1939
  • Aventuras no mundo da higiene – 1939
  • Gente e bichos – 1956

紀行文[編集]

  • Gato Preto em Campo de Neve – 1941
  • A Volta do Gato Preto – 1946
  • México – 1957
  • Israel em Abril – 1969

自伝[編集]

  • O escritor diante do espelho – 1966
  • Solo de Clarineta – Memórias (Volume I) – 1973
  • Solo de clarineta – Memórias (Volume II) – 1976

エッセイ[編集]

  • Brazilian Literature: an Outline – 1945
  • Mundo velho sem porteira – 1973
  • Breve história da literatura brasileira

伝記[編集]

  • Um certo Henrique Bertaso – 1972

翻訳[編集]

小説
短編

日本語訳された作品[編集]

  • 『野の百合を見よ』伊藤奈希砂訳、地湧社、1996年
  • 『遥かなる調べ』伊藤奈希砂訳、彩流社、2000年
  • 『三匹のまずしい子ブタ』エリコ・ヴェリッシモのおはなし玉手箱、伊藤奈希砂訳、たかはしなな絵、国際語学社、2007年
  • 『おなかの中で音楽をかなでるクマ』エリコ・ヴェリッシモのおはなし玉手箱、伊藤奈希砂訳、たかはしなな絵、国際語学社、2008年

参考文献[編集]

  • VERÍSSIMO, Érico. O senhor embaixador. Edição integral. Porto Alegre: Círculo do Livro. 1965. 481p.