エラスモサウルス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エラスモサウルス科
エラスモサウルス
エラスモサウルス復元図
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
上目 : 鰭竜類 Sauropterygia
: 首長竜目 Plesiosauria
亜目 : プレシオサウルス亜目 Plesiosauroidea
: エラスモサウルス科 Elasmosauridae
学名
Elasmosauridae
Cope1869
シノニム

キモリアサウルス科 Cimoliasauridae Persson, 1960

本文参照

エラスモサウルス科 (Elasmosauridae)は、首長竜類の一つ。 首長竜の中で最も長い首をもち、三畳紀後期から白亜紀まで生存していた。主に甲殻類軟体動物を捕食していた。

大きさ[編集]

初期のエラスモサウルス類は中型で約6m程度であった。白亜紀後期では、11.5m~12mにまで成長した。スティクソサウルスアルベルトネクテスタラッソメドン等がそうだ。彼らの首は首長竜の中で最も長く、32個~76個の頚椎をもっていた。体重は数tになった。

系統発生[編集]

エラスモサウルス科は1869年にエドワード・ドリンカー・コープによって、エラスモサウルスに基づいて設立された。

出典[編集]

  1. ^ Araújo, R., Polcyn M. J., Schulp A. S., Mateus O., Jacobs L. L., Gonçalves O. A., & Morais M. - L. (2015). A new elasmosaurid from the early Maastrichtian of Angola and the implications of girdle morphology on swimming style in plesiosaurs. Netherlands Journal of Geosciences. FirstView, 1–12., 1
  2. ^ F. Robin O'Keefe and Hallie P. Street (2009年). “Osteology Of The Cryptoclidoid Plesiosaur Tatenectes laramiensis, With Comments On The Taxonomic Status Of The Cimoliasauridae”. Journal of Vertebrate Paleontology 29 (1): 48–57. doi:10.1671/039.029.0118. http://www.science.marshall.edu/okeefef/PDFS/OKeefeStreet2009.pdf. 
  3. ^ http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/02724634.2017.1278608?journalCode=ujvp20
  4. ^ Patrick S. Druckenmiller and Anthony P. Russell (2006年). “A new elasmosaurid plesiosaur (Reptilia: Sauropterygia) from the Lower Cretaceous Clearwater Formation, northeastern Alberta, Canada”. Paludicola (Special Issue, in memory of Elizabeth "Betsy" Nicholls) 5 (4): 184–199. http://www.bio.ucalgary.ca/contact/faculty/pdf/russell/297.pdf. 
  5. ^ Benjamin P. Kear (2005年). “A new elasmosaurid plesiosaur from the Lower Cretaceous of Queensland, Australia”. Journal of Vertebrate Paleontology 25 (4): 792–805. doi:10.1671/0272-4634(2005)025[0792:ANEPFT]2.0.CO;2. http://www.bioone.org/doi/abs/10.1671/0272-4634%282005%29025%5B0792%3AANEPFT%5D2.0.CO%3B2. 
  6. ^ Peggy Vincent, Nathalie Bardet, Xabier Pereda Suberbiola, Baâdi Bouya, Mbarek Amaghzaz and Saïd Meslouh (2011年). Zarafasaura oceanis, a new elasmosaurid (Reptilia: Sauropterygia) from the Maastrichtian Phosphates of Morocco and the palaeobiogeography of latest Cretaceous plesiosaurs”. Gondwana Research 19 (4): 1062–1073. doi:10.1016/j.gr.2010.10.005. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1342937X10001851. 

関連項目[編集]