エミール・マール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エミール・マール、1928年

エミール・マール(Emile Mâle, 1862年6月2日 - 1954年10月6日)は、フランス美術史家。アリエ県コマントリー生まれ。1906年から1912年までソルボンヌ大学で教鞭を執った。ラテン語が堪能で古文書史料研究を能くし、中世欧州美術を研究する上で今日でも重要な研究を残している。

マールの業績[編集]

  1. 依然揺籃期にあった美術史学を、国際的な関心の対象となる学問領域として確立した。
  2. 著書を通じ、後進の美術研究者に中世フランス美術の図像学的説明を専攻する契機を与えた。
  3. バロック期ヨーロッパの図像学マニュアルであるチェーザレ・リーパ著『イコノロギア』(1593年)を1920年代後半に「再発見」した[1]

[編集]

  1. ^ マールは本書がバロック芸術に与えた影響を指摘し、『イコノロギア』を片手にローマを回ればパラッツォや教会を飾る寓意像やモチーフの大半を読み解くことが出来るとする(参考:水之江有一『図像学事典:リーパとその系譜』岩崎美術社、1991年。)。

著書[編集]

  • L'Art religieux du XIIIe siècle en France, thèse pour le doctorat ès-lettres, 1899
    • 『ゴシックの図像学』上下巻、田中仁彦・池田健二・磯見辰典・細田直孝訳、国書刊行会(中世の図像体系)、1998年 原著第 8版(1948年刊)の邦訳
  • Quomodo Sibyllas recentiores artifices representaverint, thèse complémentaire pour le doctorat ès-lettres, 1899
  • L'Art religieux de la fin du Moyen Âge en France, 1908
    • 『中世末期の図像学』上下巻、田中仁彦・池田健二・磯見辰典・平岡忠・細田直孝訳、国書刊行会(中世の図像体系)、2000年 原著第 3版(1925年刊)の邦訳
  • L'Art allemand et l'art français du Moyen Âge, 1917
  • L'Art religieux au XIIe siècle en France, 1922
    • 『ロマネスクの図像学』上下巻、田中仁彦ほか訳、国書刊行会(中世の図像体系)、1996年 原著第7版(1966年刊)の邦訳
  • Les influences arabes dans l'art roman, Revue des Deux-Mondes, 1923 (texte en ligne)
  • Art et artistes du Moyen Âge, 1927
  • L'Art religieux après le Concile de Trente, étude sur l'iconographie de la fin du XVI, du XVII et du XVIIIe siècles en Italie, en France, en Espagne et en Flandre, 1932
  • Rome et ses vieilles églises, 1942
  • Les Mosaïques chrétiennes primitives du IVe au VIIe siècle

,1943

  • L'Art religieux du XIIe au XVIIIe siècle

,1945

  • Jean Bourdichon : les Heures d'Anne de Bretagne à la Bibliothèque nationale, 1946
  • Les Grandes Heures de Rohan, 1947
  • Notre-Dame de Chartres, 1948
  • La Fin du paganisme en Gaule et les plus anciennes basiliques chrétiennes, 1950
  • La Cathédrale d'Albi, 1950
  • Histoire de l'art (directeur de rédaction), 2 vol., 1950
  • Les Saints Compagnons du Christ, 1958

関連項目[編集]


前任:
ジャン・リシュパン
アカデミー・フランセーズ
席次2

第13代:1927年 - 1954年
後任:
フランソワ・アルベール=ビュイッソン