エド・シグペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エド・シグペン
(Ed Thigpen)
基本情報
出生名 Edmund Leonard Thigpen
出生 1930年12月28日
出身地 アメリカ合衆国の旗 イリノイ州シカゴ
死没 デンマークの旗 2010年1月13日(79歳)
コペンハーゲン
ジャンル ジャズ
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムスパーカッション
活動期間 1951年-2010年
共同作業者 クーティー・ウィリアムスオスカー・ピーターソンビリー・テイラーエラ・フィッツジェラルドなど

{{{Influences}}}

エド・シグペンEd Thigpen)ことエドマンド・レナード・シグペン(Edmund Leonard Thigpen, 1930年12月28日[1]2010年1月13日[2])はアメリカ合衆国ジャズドラマー1956年から1959年までビリー・テイラー・トリオと共演し、1959年から1965年までオスカー・ピーターソン・トリオに在籍した。

略歴[編集]

イリノイ州シカゴに生まれ、カリフォルニア州ロサンジェルスに育つ。父ベンは、1930年代から1940年代にかけて16年間アンディ・カークと活動を共にしたドラマーであった。アート・ファーマーデクスター・ゴードンチコ・ハミルトンに同じく、トマス・ジェファーソン・ハイスクールに学んだ。

ニューヨークで職業演奏家としての活動に入り、1951年から1952年までサヴォイ・ボールルームにおいて、クーティー・ウィリアムス楽団と共演した。ダイナ・ワシントンギル・メルオスカー・ペティフォードエディ・ヴィンソンポール・キニシェットアーニー・ウィルキンスチャーリー・ラウズレニー・トリスターノユタ・ヒップジョニー・ホッジスドロシー・アシュビーバド・パウエルビリー・テイラーとの共演を経て、1959年トロントハーブ・エリスと入れ代わりにオスカー・ピーターソン・トリオに入団した。1961年にはテディ・エドワーズと録音を行なっている。

ピーターソン・トリオを退団後の1966年に、ヴァーヴ・レコードリーダー・アルバム『アウト・オブ・ザ・ストーム(Out of the Storm)』を録音する。その後エラ・フィッツジェラルド1967年から1972年まで演奏旅行に出た後、デンマーク市民権を得てコペンハーゲンに永住し、同地でアリス・バブスケニー・ドリューエディ・ロックジョー・デイヴィスアーニー・ウィルキンス、スヴェント・アスムッセン、クラーク・テリーミルト・ジャクソンモンティ・アレクサンダーサド・ジョーンズらと共演を重ねた。パーカッシブ・アーツ・ソサエティ殿堂入りを果たしている。

コペンハーゲンで短期間入院した後、2010年1月に静かに息を引き取った[3]。デンマークで埋葬された。

註釈[編集]

  1. ^ Allmusic
  2. ^ Official site
  3. ^ Official statement on website by family

外部リンク[編集]