エディターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エディターズ
フロントマンのトム・スミス(Vo)、左はクリス(G)
フロントマンのトム・スミス(Vo)、左はクリス(G)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド バーミンガム
ジャンル ニュー・ウェイヴ
ポストパンク
活動期間 2003年 -
レーベル キッチンウェア・レコーズ
プレイ・イット・アゲイン・サム
公式サイト http://www.editorsofficial.com/
メンバー
Tom Smith
Russell Leetch
Edward Lay
Justin Lockey
Elliott Williams
旧メンバー
Chris Urbanowicz
Geraint Owen

{{{Influences}}}

エディターズEDITORS)は、メンバーがイギリスのスタッフォード大学在学中の2003年に結成され、バーミンガムを拠点に活動するインディーズロックバンド


来歴[編集]

メジャーデビューのオファーを断り、老舗のインディ・レーベル「キッチンウェア・レコーズ」と契約し、2004年9月にデビュー。

2005年7月25日にイギリスで発売されたデビューアルバム『ザ・バック・ルーム』(The Back Room)は、UKチャートで初登場13位を獲得。その後、シングルカットされた『ミュニック』のヒットが評判となりアルバムは2位まで上昇した。

翌年にはアメリカ進出を果たし、ニューヨークで行われたクラブ・サーキットは全公演ソールドアウトの大成功をおさめた。さらに、2007年に発表したセカンドアルバム『アン・エンド・ハズ・ア・スタート』は全英初登場1位を達成し、シングル『スモーカーズ・アウトサイド・ザ・ホスピタル・ドアーズ』もNMEチャートで1位を記録と、各方面から絶賛をもって迎えられた。

2006年5月We Are Scientistsとのジョイント・ツアーで初来日。サマーソニック06、翌サマーソニック07へも出演。後者への出演時には、気温38度という炎天下のマリン・ステージにおいて最後は倒れる寸前で歌えなくなってしまい、1曲早く切り上げるというパフォーマンスをみせた。

メンバー[編集]

  • Tom Smith(ヴォーカル、ギター)
  • Justin Lockey(ギター)
  • Russell Leetch(ベース)
  • Ed Lay(ドラム)
  • Elliott Williams(キーボード、ギター)

元メンバー[編集]

  • Chris Urbanowicz(ギター)
  • Geraint Owen(ドラム)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • ザ・バック・ルーム - The Back Room (2005年、キッチンウェア) 全英2位
  • アン・エンド・ハズ・ア・スタート - An End Has A Start  (2007年、キッチンウェア) 全英1位、全米117位
  • イン・ディス・ライト・アンド・オン・ディス・イヴニング - In This Light And On This Evening (2009年、キッチンウェア) 全英1位
  • ザ・ウェイト・オブ・ユア・ラヴ - The Weight of Your Love (2013年、プレイ・イット・アゲイン・サム) 全英6位

シングル[編集]

  • ブレッツ - Bullets
  • ミュニック - Munich
  • ブラッド - Blood
  • オール・スパークス - All Sparks
  • スモーカーズ・アウトサイド・ザ・ホスピタル・ドアーズ - Smokers Outside the Hospital Doors
  • アン・エンド・ハズ・ア・スタート - An End Has A Start
  • ザ・レーシング・ラッツ - THE RACING RATS
  • プッシュ・ユア・ヘッド - PUSH YOUR HEAD
  • パピヨン - PAPILLON
  • ユー・ドント・ノー・ラブ - You Don't Know Love

外部リンク[編集]