エティエンヌ・ド・ラ・ボエシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エティエンヌ・ド・ラ・ボエシ
Étienne de La Boétie
エティエンヌ・ド・ラ・ボエシの彫像。
サルラ=ラ=カネダ、2016年撮影。
生誕 1530年11月1日
フランスの旗 フランスサルラ=ラ=カネダ
死没 1563年8月18日(1563-08-18)(32歳没)
フランスの旗 フランスボルドー
テンプレートを表示

エティエンヌ・ド・ラ・ボエシ[1]フランス語: Étienne de La Boétie1530年11月1日 - 1563年8月18日)は、フランス裁判官人文主義者エティエンヌ・ド・ラ・ボエティと表記されることもある。

サルラ=ラ=カネダ生まれ[1]オルレアン大学フランス語版に進み、法学人文学を学んだ[1]。16歳か18歳のとき『自発的隷従論フランス語版』を書き上げ、「圧制は支配される側の自発的な隷従によって永続する」という支配・被支配構造の本質を見抜いたとされる[1]1554年ボルドー高等法院に評定官として着任、のち同僚のミシェル・ド・モンテーニュと親交を深くした[1]

脚注[編集]

1549年に出版された『自発的隷従論』
[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『自発的隷従論』エティエンヌ・ド・ラ・ボエシ著, 西谷修監修, 山上浩嗣翻訳”. 筑摩書房. 2017年6月4日閲覧。