エゾビタキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エゾビタキ
エゾビタキ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: ヒタキ科 Muscicapidae
: サメビタキ属 Muscicapa
: エゾビタキ M. griseisticta
学名
Muscicapa griseisticta
(Swinhoe, 1861)
和名
エゾビタキ
英名
Grey-streaked Flycatcher

エゾビタキ(蝦夷鶲、学名:Muscicapa griseisticta)は、スズメ目ヒタキ科サメビタキ属に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

夏季にシベリア南部、サハリン、カムチャツカ半島南部等で繁殖し、冬季はフィリピンセレベス島ニューギニア等へ南下し越冬する。

日本では旅鳥として春と秋の渡りの時期に飛来する。一般的に秋の方が通過数が多く、各地で普通に見られる。

形態[編集]

全長約15 cm[2]翼開長は約26 cm[3]。スズメより少し小さく、サメビタキコサメビタキよりも一回り大きい。雌雄同色である[2]。背面は灰褐色、腹面は白い体羽で覆われる。腹面には暗褐色の縦縞が明瞭にならぶ。尾は背面よりやや暗色。翼は黒褐色でサメビタキやコサメビタキと比べると長く、翼の端は尾の半分程度まで達する。眼の周囲の羽毛はやや汚れた白色。足は黒褐色。

生態[編集]

虫を捕食するエゾビタキ

渡りの時期は、平地から山地のやや開けた明るい林に生息する。市街地の公園でも観察されることがある。単独もしくは10数羽の小さな群れを形成して生活している。

食性は主に動物食で、昆虫類等を食べる。樹先等に止まり、飛翔している昆虫目掛けて飛翔し捕食する。また、秋の渡りの時はミズキの実を食べたりもする。

繁殖形態は卵生。

地鳴きは「ツィー」などか細い声である。


種の保全状況評価[編集]

国際自然保護連合(IUCN)により、レッドリスト軽度懸念(LC)の指定を受けている[1]

日本では三重県で情報不足(DD)の指定を受けている[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 山溪カラー名鑑『日本の野鳥』、山と溪谷社
  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社
  • 叶内拓哉、安部直哉『山溪ハンディ図鑑7 日本の野鳥』山と溪谷社、2006年10月1日、第2版。ISBN 4635070077
  • 『ひと目でわかる野鳥』中川雄三(監修)、成美堂出版、2010年1月。ISBN 978-4415305325

関連項目[編集]