エスター・マクヴェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エスター・マクヴェイ
Esther McVey
Official portrait of Esther McVey crop 2.jpg
生年月日 (1967-10-24) 1967年10月24日(52歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
マージーサイド リヴァプール
出身校 ロンドン大学クイーン・メアリー校
ロンドン大学シティ校
リヴァプール・ジョン・ムーア大学
前職 BBCアナウンサー
ベンチャー企業支援会社経営者
所属政党 イギリス保守党
配偶者 フィリップ・デイヴィス
公式サイト [公式ウェブサイト ]

内閣 第1次ジョンソン内閣
第2次ジョンソン内閣
在任期間 2019年7月24日 - 2020年2月13日
首相 ボリス・ジョンソン

内閣 第2次メイ内閣
在任期間 2018年1月8日 - 2018年11月15日
首相 テリーザ・メイ

内閣 第2次メイ内閣
在任期間 2017年11月2日 - 2018年1月8日
首相 テリーザ・メイ

内閣 第1次キャメロン内閣
在任期間 2013年10月7日 - 2015年5月8日
首相 デーヴィッド・キャメロン

イギリスの旗 イギリス
障碍者担当政務次官
内閣 第1次キャメロン内閣
在任期間 2012年9月4日 - 2013年10月7日
首相 デーヴィッド・キャメロン

その他の職歴
イギリスの旗 イギリス
タットン選挙区選出庶民院議員

(2017年6月9日 - 現在)
イギリスの旗 イギリス
運輸警察機関議長

(2015年11月19日 - 2017年5月2日)
イギリスの旗 イギリス
ウィアラル・ウェスト選挙区選出
庶民院議員

(2010年5月6日 - 2015年3月30日)
テンプレートを表示

エスター・ルイーズ・マクヴェイ(Esther Louise McVey 1967年10月24日 - )は、2017年からタットン選挙区英語版選出イギリス庶民院議員を務めるイギリス保守党所属のイギリスの政治家。2019年から2020年まで住宅・都市計画担当副大臣・2018年には労働・年金大臣・2014年から2015年までは雇用担当副大臣をそれぞれ務めた。

政治経歴[編集]

2018年にデイビッド・ガウキの後任として第2次メイ内閣の雇用・年金大臣となるが、同年11月にEUからの離脱協定に反発して辞任[1]

2019年6月にテリーザ・メイ首相の後継を選ぶ2019年イギリス保守党党首選挙に立候補し、EU離脱を支持する姿勢を強調した他、公務員の賃上げを主張した[2]。結果は議員による1回目の投票で313票中9票しか得票できず姿を消した[3]

2019年7月にジョンソン内閣の住宅担当大臣となった。

人柄など[編集]

2019年にイギリス保守党党首選挙に立候補した際には、若い頃に大麻を試したことを認めている(同時期に他の複数の立候補者も過去の薬物使用を認めている)[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]