ウィリアム・モリノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・モリノー

ウィリアム・モリノー(William Molyneux、1656年4月17日 - 1698年10月11日)はアイルランドの科学者、政治に関する著述家である。

1692年の著書、Dioptrica Nova, A treatise of dioptricks in two parts(『新屈折光学』)で、望遠鏡、顕微鏡におけるレンズの働きについて記述した。

ダブリンの豊かな新教徒の地主の家に生まれた。ダブリン大学トリニティ・カレッジで学び、王立協会の会員となり[1]、1680年代にダブリン科学協会(Dublin Philosophical Society)を設立した。息子のサミュエル・モリノー(Samuel Molyneux、1689年-1728年)は政治家、天文学者となった。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Molyneux; William (1656 - 1698)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月24日閲覧。