ウィナレッタ・シンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
"プランセス"ポリニャック公夫人ウィナレッタ・シンガー, 1885年

ポリニャック公夫人ウィナレッタ・シンガー(Winnaretta Singer, Princess Edmond de Polignac 1865年1月8日1943年11月26日)は、19世紀末から20世紀前半のフランスにおいて多くの音楽家を援助したパトロンの一人。

フランス革命期に、その名が知られるポリニャック公爵夫人の孫エドモン・ド・ポリニャック英語版の妻。父親はシンガーミシンの創業者アイザック・メリット・シンガー

夫エドモンは、コンコルド広場のコワラン館に集う"ロワイヤル通りのサークル"を主宰し、フォーブール・サンジェルマン界隈でロベール・ド・モンテスキューガブリエル・フォーレらの社交界に出入りする名士、かつ作曲家。エドモンとの30歳ほどの年の差婚は、互いに音楽に造詣が深く、エドモンは金銭面でのスポンサーを相手に求め、ウィナレットは一度離婚していた為、フランス貴族との婚姻で社会的認知を得て表舞台に踊り出る為だったことと合わせ、互いに同性愛者だったからとも言われる。

音楽家、画家として優れた才能を持ち、広い教養を持っていた[1]。音楽関連のスポンサーないしソーシャライトとして知られ、1943年の死後、パリ16区トロカデロ界隈ジョルジュ=マンデル大通りの居館はメセナを行うシンガー・ポリニャック財団として活動している。

関連する音楽作品[編集]

献呈を受けた作品
委嘱によって生まれた作品
私邸において初演された作品

脚注[編集]

  1. ^ ストラヴィンスキー、塚谷晃弘訳『ストラヴィンスキー自伝』全音楽譜出版社、1981年、148ページ

参考文献[編集]

  • プーランク、オーデル編、千葉文夫訳『プーランクは語る――音楽家と詩人たち』筑摩書房、1994年
  • 芳賀直子『バレエ・リュス その魅力のすべて』国書刊行会、2009年