イヴリー=ル=タンプル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ivry-le-Temple
Blason ville fr Ivry-le-Temple 60.svg
Ivry-le-Temple rue 1.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オー=ド=フランス地域圏
(département) オワーズ県Blason département fr Oise.svg
(arrondissement) ボーヴェ郡
小郡 (canton) ショーモン=アン=ヴェクサン小郡
INSEEコード 60321
郵便番号 60173
市長任期 ミシェル・ジャントレック
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes des Sablons
人口動態
人口 693人
2014年
人口密度 56人/km2
地理
座標 北緯49度13分46秒 東経2度01分51秒 / 北緯49.2294度 東経2.0308度 / 49.2294; 2.0308座標: 北緯49度13分46秒 東経2度01分51秒 / 北緯49.2294度 東経2.0308度 / 49.2294; 2.0308
標高 平均:m
最低:72m
最高:126 m
面積 12.47km2
Ivry-le-Templeの位置(フランス内)
Ivry-le-Temple
Ivry-le-Temple
テンプレートを表示

イヴリー=ル=タンプルIvry-le-Temple)は、フランスオー=ド=フランス地域圏オワーズ県コミューン

由来[編集]

コミューンの名はラテン語でIuriacum(1186年)[1]、Euriacum(1209年)、Symon Faber de Ivri(1211年)[2]、1237年にAper Iuriacum juxta Hanovillam(« à Ivry près d'Hénonville »、エノンヴィル近くのイヴリー) 、Milicie templi de Yvriaco(« temple militaire d'Ivry »、イヴリーのテンプル軍団、1245年)、1247年にPetrus de Ivriaco(Pierre d'Ivry) 、Fratres ordinis milicie templi de Yvriaco in vulgassino francie(1300年)、Preceptor de Yvriaco Sancti Johannis de Jherosolime(1337年)、L'ospital d'Ivry-le-Temple(1373年、ハンセン病患者を収容する病院が1160年から1750年代まであったことを示唆している)、Ivry-le-Temple(1483年) [3]、18世紀にはIvry-la-Commanderieとも呼ばれた。

イヴリーという地名にタンプルが付くのは、この地にテンプル騎士団コマンドリーであるコマンドリー・ド・サン=ジャックが1200年代に設立されていたからである[4]

歴史[編集]

テンプル騎士団は1200年代にイヴリーにコマンドリーを所有していた[5]。テンプル騎士団が解散させられた後、不動産は聖ヨハネ騎士団のコマンドリーとなった。残っているものは何もないが、農場がコマンドリーに建設されていた。

1906年に建設された鉄道駅は、1933年に操業を停止し、現在は住居として使われている。

1902年、イヴリーにおいてパリ氏が、ナクル・ブランシュ、フランシュとも呼ばれた真珠の工房を開いた。タンプリエ通り65番にこの工房はあったが、1938年に閉めている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2004年 2014年
402 483 506 588 598 658 647 693

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[6]、2006年以降INSEE[7][8]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ cartulaire du chapitre de Beauvais
  2. ^ Dans le cartulaire de Saint Victor de Paris
  3. ^ Dans le cartulaire de l'abbaye du Val Notre Dame, Val d'Oise.
  4. ^ Section d'archéologie du village, essai de toponymie sur Neuville-Bosc,(bulletin d'information n°4), en 1984.
  5. ^ Section d'archéologie du village, essai de toponymie sur Neuville-Bosc,(bulletin d'information n°4), 1984.
  6. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=17682
  7. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/2534314?geo=COM-60321
  8. ^ http://www.insee.fr