イワン・ゴレムイキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロシア帝国の旗 ロシア帝国の政治家
イワン・ロギオーノヴィッチ・ゴレムイキン
Ива́н Логгинович Горемы́кин
Ivan Logginovitch Goremykin, c. 1906.jpg
生年月日 1839年11月8日
出生地 Romanov Flag.svg ロシア帝国 ヴェリキー・ノヴゴロト英語版
没年月日 (1917-12-24) 1917年12月24日(満78歳没)
死没地 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国 ソチ

内閣 ゴレムイキン内閣
在任期間 1914年2月12日 - 1916年2月2日
皇帝 ニコライ2世

ロシア帝国の旗 第2代大臣会議議長
内閣 ゴレムイキン内閣
在任期間 1906年5月5日 - 1907年7月21日
皇帝 ニコライ2世

ロシア帝国の旗 第21代内務大臣
在任期間 1895年 - 1899年
テンプレートを表示

イワン・ロギオーノヴィッチ・ゴレムイキンИва́н Логгинович Горемы́кин, Ivan Logginovich Goremykin, 1839年11月8日ユリウス暦10月27日) - 1917年12月24日(ユリウス暦12月11日)は、ロシア帝国官僚政治家

来歴[編集]

官僚[編集]

1839年に貴族ロギオン・ゴレムイキンの息子としてヴェリキー・ノヴゴロト英語版で生まれ、インペリアル・カレッジで法律学を学び1860年に卒業する[1]。同年にロシア帝国国家評議会で勤務し、その後はポーランド立憲王国農務長官を経て、1866年プウォツク副知事、1869年キェルツェ副知事を歴任し、1873年からはポーランド農務省地方委員会の委員に任命され、1882年まで務めた。

1882年からは国家評議会第一部主任検察官に就任し、1884年には第二部主任検察官に就任した。ゴレムイキンは長年国家評議会で勤務し、その中で法の支配や行政のあり方についての知識を身に付けていった。また、農務問題の専門家として評価を受け、1891年には「農村における政府の統制に関する法律」の法案作成を担当した後に司法副大臣に就任し、1894年には国家評議会議員に任命される。

閣僚[編集]

ゴレムイキン(1910年)

1895年内務大臣に就任し、1896年には枢密顧問官に任命される。ゴレムイキンは超保守主義者としてニコライ2世に忠実な人物であり、アレクサンドラ皇后からも目をかけられていた。内務大臣在任中は恣意的な行政の執行を改めようと試み、また、ゼムストヴォの権限拡大を求める意見書をニコライ2世に提出するなど行政改革に努めた[2]。しかし、改革案は反対に遭い実現せず、1899年に内務大臣を辞任し国家評議会議員に復帰した。1905年には農民の土地所有強化を促進する特別会議の議長に就任する。

1906年5月5日、ニコライ2世と対立し辞任したセルゲイ・ヴィッテの後任として大臣会議議長に就任。5月6日に国家基本法を発布し「十月詔勅」を修正して皇帝を専制君主として再規定した。そのため、ゴレムイキンは召集されたドゥーマと対立し、ドゥーマは皇帝に対し闘う国会として決議を出すまでに至った。また、ゴレムイキンの農地改革案をドゥーマが拒否するなど対立が激化した。1906年7月22日にゴレムイキンは政治的混乱の責任を取り辞任し、後任には内相だったピョートル・ストルイピンが就任した。1914年2月にニコライ2世の要請を受け再び首相に就任したが、ドゥーマはゴレムイキン内閣に対して敵対を宣言した。第一次世界大戦が勃発し、ニコライ2世が直接軍を指揮することを表明すると、ニコライ2世を支持するようにドゥーマに働きかけた。1916年に辞任し、ボリス・スチュルメルが後任となった。

死去[編集]

1917年二月革命が勃発するとロシア臨時政府に逮捕された。5月から尋問が開始されるが、高齢を理由に釈放された。十月革命が勃発するとソチにある夏の離宮に避難するが、1917年12月24日に妻子と共に強盗に殺害された。遺体は家族の遺体と共に同地に埋葬された。

参考文献[編集]

脚注[編集]

公職
先代:
ウラジーミル・ココツェフ
セルゲイ・ヴィッテ
ロシア帝国の旗 大臣会議議長
第5代:1914年 - 1916年
第2代:1906年 - 1907年
次代:
ボリス・スチュルメル
ピョートル・ストルイピン
先代:
イワン・ドゥルノヴォ
ロシア帝国の旗 内務大臣
第21代:1895年 - 1899年
次代:
ドミトリー・シピャーギン