イタリア国立映画実験センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イタリア国立映画実験センター
Centro Sperimentale di Cinematografia
Centro Sperimentale di Cinematografia, Roma (2008-03-27).jpg
種別 国立
設立年 1935年4月3日
President フランチェスコ・アルベローニ
所在地
公式サイト fondazionecsc.it
テンプレートを表示

イタリア国立映画実験センターイタリア語: Centro Sperimentale di Cinematografia)は、イタリア国立による映画学校である。1935年に設立された世界最古の映画学校で、現在は、イタリア国立映画学校イタリア国立チネテカがそれを構成する。

略歴・概要[編集]

チネチッタ。同校も映っている。

1935年(昭和10年)4月3日、同国の撮影所であるチネチッタ政策を推進するベニート・ムッソリーニによるファシスト党が、ガレアッツォ・チャーノの支援を受け、同党幹部ルイジ・フレッディによって、ローマ郊外の同撮影所に隣接して設立された。現在もイタリア政府が同校を運営し、映画製作の技術・芸術に関する教育、研究、出版等の活動を行っている。

国立映画学校の構想は、そもそも1930年(昭和5年)、映画監督アレッサンドロ・ブラゼッティが、未来派の写真家アントン・ジュリオ・ブラガリアの協力によりサンタ・チェチリア音楽院の分校として始めたものである。1934年(昭和9年)にルイジ・フレッディが映画に関する政府の要職に就任、映画批評家ルイジ・キアリーニを学長としてイタリア国立映画実験センターを発足させた。

ムッソリーニ政権の終焉と第二次世界大戦後は、1946年(昭和21年)に基礎コースを小規模再開し、翌1947年(昭和22年)からは2年間のコースを本格的に再開した。1949年(昭和24年)には、イタリアで製作された映画作品のフィルム・アーカイヴとして、イタリア国立チネテカが設立されている。

1968年(昭和43年)には、フランスでの五月革命同様の紛争が起き、映画監督ロベルト・ロッセリーニがその解決のための特別委員に任命された。

現在は、ピエモンテ州にアニメーション部門、ロンバルディア州ミラノにテレビ映画部門、シチリアにドキュメンタリー部門の校舎が置かれている。

おもな卒業生[編集]

戦前
戦後1968年まで
1968年以降、現在まで

  ※一部に中退者有り。

おもな歴代教員[編集]

参考文献[編集]

[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]