アレッサンドロ・ブラゼッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Alessandro Blasetti.png
1951年

アレッサンドロ・ブラゼッティ(Alessandro Blasetti,1900年7月3日- 1987年2月1日)はイタリアの映画監督。

ネオリアリズモの監督でファシスト時代を代表する映画人。

1920年代後半に苦境の映画業界を復活させたので、たまに「イタリア映画の父」と呼ばれる。[1]

生い立ち[編集]

ローマで生まれ死んだ。

大学で法律を学び、ジャーナリスト映画評論家になることにする。

いくつかの映画雑誌ではたらき、止まっていた国産映画の制作のためのキャンペーンを張った。[2]

監督として[編集]

1929年に映画『太陽』で監督デビュー。

イタリア映画が製作されていなかった時期の作品であり、一般に受けた。

ベニート・ムッソリーニは「ファシスト映画の夜明け」とした。[3]

すでにネオリアリズムの要素を持っていた。

同作のヒットで、イタリア唯一の大物プロデューサー・ステファノ・ピッタルーガからオファーを受けた。

ピッタルーガはそのころローマのスタジオを音声映画用に改築したばかりだった。

イタリア初のトーキー映画『復活』(1931年)を撮るが、制作が遅れ、ジェンナーロ・リゲッリの『愛の歌』(1930年)に先を越された。[4]

1934年に『1860』を、 2000人の素人俳優を野外で使って撮った。[5]

国からの助成金と支援のためにロビー活動をしており、1930年代のイタリア映画産業復活の原動力だった。

その結果がローマの大規模スタジオ「チネチッタ」の建設だった。

その後の人生[編集]

ルキノ・ヴィスコンティの映画『ベリッシマ』に本人役で出演。

アンナ・マニャーニ演じる母親が娘をスターにしようとチネチッタでブラゼッティのスクリーンテストを受けさす話。

1967年のカンヌ映画祭と1969年第6回モスクワ国際映画祭で審査委員長を務めた[6]

主な監督作品[編集]

  • 太陽(1929)
  • Nerone(1930)
  • Resurrectio(1930)
  • 母なる大地(1931)
  • La tavola dei poveri(1932年)
  • Palio(1932)
  • Il caso Haller(1933)
  • 1860(1934年)
  • Vecchia guardia(1934)
  • Aldebaran(1935)
  • Contessa di Parma(1936年)
  • Ettore Fieramosca(1938)
  • Un'avventura di Salvator Rosa(1940)
  • La corona di ferro(1941)
  • 道化師の晩餐(1942)
  • 雲の中の散歩(1943)
  • 人生の一日(1946)
  • ファビオラ(1949):スコセッシ評「アメリカ映画には無いセットの厚みがあった。国の歴史の長さがまったくちがうからね。アメリカの映画職人には夢にも見られない厚みだった。それに、グリム童話の怖さもあった。」
  • Prima comunione(1950)
  • 懐かしの日々(1952)
  • こんなに悪い女とは(1954)
  • Tempi nostri(1954)
  • La fortuna di essere donna (1956)
  • ヨーロッパの夜(1959)
  • Le quattro verità(1962)
  • Liolà(1963)
  • Io, io, io... e gli altri(1966)
  • シモン·ボリバル(1969)

参照[編集]

  1. ^ Moliterno p.40
  2. ^ Moliterno p.41
  3. ^ Reich & Garofalo p.235
  4. ^ Moliterno p.40-41
  5. ^ Balfour p.12-19
  6. ^ 6th Moscow International Film Festival (1969)”. MIFF. 2012年12月21日閲覧。

伝記[編集]

  • Balfour, Michael. Theatre and War, 1933-1945: Performance in Extremis. Berghahn Books, 2001.
  • Moliterno, Gino. Historical Dictionary of Italian Cinema. Scarecrow Press, 2008.
  • Reich, Jacqueline & Garofalo, Piero. Re-Viewing Fascism: Italian Cinema, 1922 to 1943. Indiana University Press, 2002.

外部リンク[編集]