モニカ・ヴィッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モニカ・ヴィッティ
Monica Vitti
Monica Vitti
本名 Maria Luisa Ceciarelli
生年月日 (1931-11-03) 1931年11月3日(86歳)
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国ローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 女優
ジャンル 映画舞台
配偶者 Roberto Russo (1995年 - )
公式サイト Site on Monica Vitti
主な作品
情事
太陽はひとりぼっち
赤い砂漠

モニカ・ヴィッティ (Monica Vitti, 1931年11月3日 - ) は、イタリア女優モニカ・ビッティとも表記される。

来歴[編集]

1931年11月3日ローマMaria Luisa Ceciarelliとして生まれた。10代の頃からアマチュア劇団に参加し、ローマの演劇学校で学んだ。その後、舞台女優としてヨーロッパを回った。

1954年映画デビュー。1957年ミケランジェロ・アントニオーニの劇団に参加し、『さすらい』に端役で出演した。以後、『情事』(1960年)、『』(1961年)、『太陽はひとりぼっち』(1962年)、『赤い砂漠』(1964年)とアントニオーニ監督作品の常連となり、世界的に知られるようになった。

1974年、『Polvere di stelle』でダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞女優賞を受賞した。1995年には第52回ヴェネツィア国際映画祭栄誉金獅子賞を受賞した。

私生活[編集]

1960年代を通してアントニオーニとは公私ともにパートナーであり、1968年にはアントニオーニからプロポーズされたが、結婚することはなかった。その後、1995年に結婚した。

主な出演作品[編集]

日本のテレビ番組出演[編集]

外部リンク[編集]