イグナーツ・フォン・ザイフリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イグナーツ・フォン・ザイフリート
Ignaz von Seyfried
Seyfried.jpg
基本情報
生誕 1776年8月15日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国オーストリア帝国の旗オーストリア大公国 ウィーン
死没 (1841-08-27) 1841年8月27日(65歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国、ウィーン
ジャンル クラシック
職業 指揮者作曲家

イグナーツ・ヨーゼフ・リッター・フォン・ザイフリート(Ignaz Joseph Ritter von Seyfried, 1776年8月15日 - 1841年8月27日)は、オーストリアの音楽家、指揮者作曲家ウィーンに生まれ、同地に没した。本人は回顧録の中で[1]ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトヨハン・ゲオルク・アルブレヒツベルガーの両人に師事したと述べている。アルブレヒツベルガーの死後、師の作品全集を出版。門下からはフランツ・フォン・スッペハインリヒ・ヴィルヘルム・エルンストアントニオ・カシミル・カルテッリエリヨーゼフ・フィッシュホフエドゥアルト・マルクスゼンらが輩出している。

指揮者として[編集]

青年期にはエマヌエル・シカネーダーウィーンアウフ・デア・ヴィーデン劇場で率いたのオペラ一座の副指揮者を務め、1797年音楽監督に就任すると1826年まで一座の新しい劇場であったアン・デア・ウィーン劇場でその職を務めた[2]。回顧録にはシカネーダーの助力を受けて書かれたモーツァルトの『魔笛』の初演に関する記述があり、その数週間後のモーツァルトの死についても興味深い逸話が語られている[3]

1805年、ザイフリートはルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの『フィデリオ』の改稿前の版の初演を行っている。ザイフリートの回顧録にはベートーヴェンに関しても驚くべき記述があり、彼が『Studien im Generalbasse』(通奏低音の研究)余禄に記したベートーヴェンの情報は「高い伝記的価値」があり[4]、「崇拝された巨匠を取り巻く状況に関して知られていることの全て」が盛り込まれ、なおかつそれらは「信頼に足る事実」であるとされる[5]

作曲家として[編集]

ザイフリートの作品について、ニューグローヴ世界音楽大事典には次のように述べられている。「多才さゆえにウィーンの音楽界で独自の位置を占めたものの、その作品にはひとつたりとも真の独創性や特徴を示すものはない。」

出典[編集]

  1. ^ David J. Buch, "Three posthumous Reports concerning Mozart in his late Viennese Years", Eighteenth-Century Music 2/1, (Cambridge University Press, 2005), 127.
  2. ^ Grove
  3. ^ 回顧録中、モーツァルトに関わる部分の抜粋はDeutsch 1965より
  4. ^ Honegger-Massenkeil, Große Lexikon der Musik, vol. VII (1987)
  5. ^ Henry Hugh Pierson (ed.). Ludwig van Beethoven. Studien im Generalbasse. New Edition. 1853

参考文献[編集]

  • Deutsch, Otto Erich (1965) Mozart: A Documentary Biography. Stanford, CA: Stanford University Press.
  • Grove Dictionary of Music and Musicians, online edition. Copyright 2008 by Oxford University Press. Article "Ignaz Seyfried", written by Peter Branscombe.

外部リンク[編集]