アーリ・スカンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アーリ・スカンズArie Schans , 1952年12月12日 - )は、オランダ出身のサッカー指導者。 

オランダのクラブチームコーチや日本体育大学サッカー部ヘッドコーチ、ブータン代表監督などを歴任。ブータン代表監督時にはFIFAランキング最下位決定戦でモントセラトと対戦(アザー・ファイナル)。試合はブータンが勝利し、最下位は免れた。

2004年、当時のハン・ベルガー監督とともに来日し、大分トリニータのフィジカルコーチに就任。2005年にはヘッドコーチに昇格。皇甫官監督の退任に伴い同年8月から監督代行を務め、同年9月にペリクレス・シャムスカ監督就任にあわせ、退団。

2007年12月からは、ナミビア代表の監督を務めている。

指導経歴[編集]