アーマード・コア マスターオブアリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーマード・コア
マスターオブアリーナ
ジャンル 3D戦闘メカシミュレーター
対応機種 プレイステーション
開発元 フロム・ソフトウェア
発売元 フロム・ソフトウェア
人数 1 (対戦時 2人)
メディア CD-ROM2枚
発売日 1999年2月4日
1999年12月2日 (PlayStation the Best)
2002年1月1日 (PS one Books)
2007年11月28日 (ダウンロード版)
テンプレートを表示

アーマード・コア マスターオブアリーナ』(ARMORED CORE MASTER OF ARENA)は、フロム・ソフトウェアから発売されたプレイステーション用ロボットアクションゲームであり、『アーマード・コアシリーズ』の3作目である。PSにおける最後の作品でもあり、通称は『MOA』もしくは『MoA』(Master Of Arenaから)。

ゲームシステム[編集]

3作目でありPS最後の作品。ストーリーは1作目に登場した「ナインボール」に焦点を当てたものであり、主人公の復讐の物語でもある。ステージは以前よりも敵が多く戦闘に重きが置かれている。ムービーの画質も前作までと比較して格段に上がっている。

ディスク2はストーリーとは無関係のものであり、複数のアリーナモードが存在し、使用脚部を限定したアリーナや雑誌社のスタッフが作成した機体のアリーナ、当時の大会優勝者の機体のアリーナ、高難易度のマスターアリーナなど、多種多様なアリーナが収録されている。自分で機体を組み、簡単なAI設定の組み合わせでアリーナを作ることもできる。

なお、これまでのシリーズでは2画面対戦をするためにはCD-ROMを2枚、つまり製品を2つ用意する必要があったのだが、本作では2枚組になっているため、ディスク1とディスク2を使えば対戦が可能となっている。これには製作者側がプレイヤーに対戦を勧めるためという意図があった[1]

ストーリー[編集]

『AC1』より若干過去(ただし実質的に並行)。最上位のランカーレイヴン・ハスラー・ワンが駆るAC「ナインボール」によって家族を失った主人公は、ラナ・ニールセンと名乗る女性の斡旋によりレイヴンとなる。新興企業プログテック社に接近した主人公はラナと決別、ほどなくナインボールの襲撃を受ける。幾度かの激戦の末にハスラー・ワンの正体を知ることとなる。

登場キャラクター[編集]

ハスラー・ワン (声:檜山修之
長年アリーナのトップに君臨する、文字通り最強の強さを誇るレイヴン。
その正体はネストの保有する実働部隊のAIであり、ハスラー・ワンという人物は存在しない(ただしモデルとなった人物が存在していた可能性がある)。もっとも、世間一般にはその事実は秘匿されているため、一般市民からしてみれば、彼はあくまでも伝説的な強さを持ったレイヴンでしかない。そのため、本作から約70年の時を経た『AC2』の時代にもその名は知れ渡っている。
ラナ・ニールセン (声:渡辺久美子
家族を失った主人公に接触し、そのマネージングを担当する元レイヴンの女性。
だが彼女もまたネストに関連する人物、または実体を持たないAIであると予想される。
"管理するもの"として地下世界の勢力均衡に重要な役割を持つレイヴンの育成を行う事が彼女の使命だった。
エラン・キュービス (声:松本保典
新興企業『プログテック』に所属する技術者。ラナと疎遠になった主人公に対してサポートを行う。

登場組織[編集]

プログテック
画期的なAC用パーツを多数リリースする新興企業。エラン・キュービスが所属する。
イヅモマテリアル
ムラクモ・ミレニアムのグループ企業。宇宙開発に力を注いでいる。
R&Gインダストリー
クロームのグループ企業。同じく宇宙開発に力を注ぐイヅモマテリアルとは対立関係にある。

小説版[編集]

ファミ通文庫より、本作の公式小説が刊行されている。著者は篠崎砂美。イラストは松野大秀による。

基本的なストーリーの流れはゲーム版と共通しているが、小説版オリジナルのキャラクターも登場する。

なお、本作の冒頭にはゲームのプロローグでも表示される『レイヴンになりたいのか?(Wanna be a raven?)』という問い掛けがあるのだが、「raven」のスペルが誤植により「laven」になっている。

小説版のみの登場人物[編集]

フリッツ・バーン
本作の主人公であり、ゲーム版におけるプレイヤーキャラにあたる。
基本的な設定はゲーム版と共通であり、家族をハスラー・ワンによって奪われたことから、復讐を果たすためにレイヴンとなる。
搭乗する機体は“アヴェンジャーTYPE1~3”及び“アナイアレイター”、“アナイアレイター+”で、いずれも中量2脚型。ちなみに、アナイアレイターは『MOA』のパッケージに描かれている機体と同様のパーツ構成だが、この名称自体は小説版独自のものである。
使用するエンブレムはタロットカードの死神。
ビンテージ
小説版オリジナルの女性レイヴン。逆関節型AC“オレンジ・ペコ”を駆る。
エンブレムは輪切りにしたオレンジとティーカップ。

脚注[編集]

  1. ^ ソフトバンクパブリッシング『アーマード・コア マスターオブアリーナ 公式ガイドブック』ISBN 1578632498 P157上段 POINT02の見出しより。

外部リンク[編集]