アース・アンド・ファイアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アース・アンド・ファイアー
Earth and Fire
Earth & Fire.png
1971年
基本情報
出身地 オランダの旗 オランダ
ジャンル ロック
サイケデリック・ロック
プログレッシブ・ロック
活動期間 1968年 - 1983年
1987年 - 1990年
旧メンバー Manuela Berloth
Theo Hurts
Jerney Kaagman
Cees Kalis
Age Kat
Ton van der Kleij
Chris Koerts
Gerard Koerts
Ronnie Meyjes
Jons Pistoor
Bert Ruiter
Ton Scherpenzeel
Johan Slager
Mark Stoop
Ab Tamboer
Hans Ziech

アース・アンド・ファイアーEarth & Fire)は、クリス&ゲラルド・コェスター兄弟らにより結成されたオランダのロック・グループである。女性1人、男性4人の5人組。

彼らは1970年代にヨーロッパの一部で人気を博し、オランダのポップ・チャートの上位に数曲がランクインした。 オランダ、ベルギーなどで成功を収めたものの、彼らの音楽はイギリスおよびアメリカではヒットを出すことができなかった。よく知られているヒット曲に「シーズン」[1]がある。彼らの国際的な最大のヒット曲は「Weekend」であり、オランダスイスドイツデンマーク、及びポルトガルのヒットチャートで1位を獲得した。

メンバー[編集]

  • Manuela Berloth - ボーカル (1968年–1969年)
  • Jerney Kaagman - ボーカル (1969年–1983年、1987年–1990年)
  • Chris Koerts - ギター (1968年–1979年)
  • Gerard Koerts - キーボード、プロデューサー (1968年–1983年) ※2019年死去
  • Hans Zilch - ベース (1968年–1974年)
  • Theo Hurts - ベース (1974年–1978年)
  • Bert Ruiter - ベース (1978年–1983年、1987年–1990年)
  • Ton Scherpenzeel - プロデューサー (1987年–1990年)
  • Jons Pistoor - プロデューサー (1987年–1990年)
  • Johan Slager - ギター (1979年)
  • Ronnie Meyjes - ギター (1980年–1983年)
  • Age Kat - ギター (1987年–1990年)
  • Cees Kalis - ドラム (1968–1970年)
  • Ton van der Kleij - ドラム (1970年–1978年) ※2015年死去
  • Ab Tamboer - ドラム (1976年、1978–1983年、1987–1990年)
  • Mark Stoop - ドラム (1990年)

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『アース&ファイアー・ファースト』 - Earth and Fire (1970年)
  • 『アムステルダムの少年兵』 - Song of the Marching Children (1971年)
  • 『アトランティス』 - Atlantis (1973年)
  • 『来たるべき世界へ』 - To the World of the Future (1975年)
  • 『無限への扉』 - Gate to Infinity (1977年)
  • Reality Fills Fantasy (1979年)
  • Andromeda Girl (1981年)
  • In a State of Flux (1982年)
  • Phoenix (1989年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Rock Sensation (1975年)
  • Greatest Hits (1991年)
  • Wild And Exciting (1999年)
  • The Ultimate Collection (2003年)[2]

シングル[編集]

シングル チャート 収録アルバム
NL
[3]
BEL
[4]
GER
1970 シーズン - "Seasons" 2 4 Earth and Fire
ルビーは俺のもの - "Ruby Is the One" 4 11
明日への叫び / ワイルド・アンド・エクサイティング - "Wild and Exciting" 5 21
1971 アムステルダムの少年兵 / ロック・インヴィテイション - "Invitation" 5 Song of the Marching Children
"Storm and Thunder" 6
1972 嘆きの青春 - "Memories" 1 2 31
1973 "Maybe Tomorrow, Maybe Tonight" 3 9 44 Atlantis
1974 ラヴ・オブ・ライフ - "Love of Life" 2 20 To the World of the Future
1975 "Only Time Will Tell" 12
"Thanks for the Love" 8 28
1976 "What Difference Does It Make" 12
1977 "78th Avenue" 18 Gate to Infinity
1979 "Weekend" 1 1 1 Reality Fills Fantasy
1980 "Fire of Love" 23 13 29
1981 "Dream" 27 20 Andromeda Girl
"Tell Me Why"
1982 "Love Is an Ocean"
"Twenty Four Hours" 13 23 72 In a State of Flux
1983 "Jack Is Back" 29
"The Two of Us" 32
1989 "French Word for Love" Phoenix
1990 "Keep on Missing You"
"Good Enough"

脚注・出典[編集]

  1. ^ http://www.discogs.com/Earth-And-Fire-Seasons/.../990445
  2. ^ Earth and Fire - De biografie 1969-1983”. Eburon.nl (2006年11月9日). 2009年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月29日閲覧。
  3. ^ Van Slooten, Johan, ed (2005) (Dutch). Top 40 Hitdossier 1965-2005 (9th, revised ed.). Haarlem: J.H. Gottmer / H.J.W. Becht BV. p. 103. ISBN 90-230-1144-9. 
  4. ^ Earth & Fire Peaks Belgium en:Ultratop 50

外部リンク[編集]